お役立ち英会話!吉祥寺駅から徒歩3分!シニアのためのMCS英会話スクール

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > お役立ち英会話

「眺めがいい/よい景色」《シニア日常英会話》

 6月のとある晴れた土曜日、「東京タワー」に行きました。実は、35年以上東京に住んでいるのに「東京タワー」に昇ったのは初めて!前回は「東京スカイツリー」の話が出ましたが、今日は「東京タワー」にちなんで「眺め・景色」の話をします。

 「眺め」「景色」を和英辞典で調べると、"scenery""scene""landscape""view"、  等色々な名詞が出てきますが、一番私達が日常の英会話で使いそうなのは"view"でしょう。"view"は「ある場所から得られる眺め」という意味です。ちなみに"scenery"は「景観」という意味で、"view"と同じように使えます。【"scene"は「切り取った場面」、"landscape"は「(一般論としての)風景」。厳密な使い分け方はここでは省略させて頂きます。】

 さて、この"view"ですが、"see"「見る・見える」を動詞に使わないので注意が必要です。"have""get""enjoy"等を使います。"view"は数えられる名詞なので"a"をつけます。

 

◎ I had/got/enjoyed a nice view from the observatory.

     (私は展望台から素晴らしい眺めを持った/得た/満喫した。) 

 


 

A: I went to the "Tokyo-Tower", and enjoyed a wonderful view.

     (「東京タワー」に行「お役立ち」2016/7用って、素晴らしい眺めを堪能したわ。)

 

B: Good. Did you see Mt. Fuji?

     (良かったわね。富士山は見えた?)

 

A: No. Unfortunately I couldn't see it. Because it was a little hazy.

     (残念ながら見ることが出来なかったわ。少しもやがかかってたから。)

 

B: Really. Next time, you should go in winter. 

     (本当。次は冬に行った方がいいわよ。)

 


 

"hazy"というのは、「曇りではないけれど、モヤがかかってクリアでない」状態を言います。もしも「360度の絶景」と言いたいのなら、"a panoramic-view"と言いましょう。そう、あの「パノラマ」です。

 

それともう一点触れておきたいことがあります。シニアの方のほとんどが勘違いされているのは、「ロケーションがいい」を「眺めがいい」の意味だと思っていることです。"location"とは「位置・立地」という意味で「景色・眺め」という意味はありません。おそらく、不動産業者の広告か何かで、「町を一望する高台のロケーション」などの表現が多用されて、そこから主にシニア世代の方が誤解したのが発端のように思うのですが。とにかく通じない英語ですのでご注意下さいませ。

 

 日に日に厚さが増してきました。吉祥寺「MCS英会話スクール」のシニアの生徒様は暑さにめげず、レッスンは笑い声に満ちています。ペットボトルや水筒に飲み物を持参される方も多く、冷たい物を飲みながらのレッスンも夏ならではの風物です。感心させられるのは、レッスン開始前に「先生、飲みながらでもよろしいですか?」と必ずお聞きになる事です。日本人としてぜひ見習いたい謙虚さは、さすがシニアの心得ですね。


2016年07月02日 09:21 PM

「多分/maybeの事」《シニア日常英会話》

 今月は、日本人が非常によく使う"maybe"について取り上げてみましょう。

 ある時、オーストラリア人で親友のBillから言われたことがあります。「日本人はどうしてあんなによく"maybe"を使うの?」と。日本に長く住み日本語を熟知している彼が言いたかったのは、「どうやら日本人は『多分』の意味で"maybe"を使っているようだけど、僕たちからすれば『かもしれない』くらいのあいまいな意味なんだよ。"maybe"をつけて言った話は、あまり真に受けて聞いてもらえない場合があるよ。」ということでした。私はすかさず「じゃあ、可能性が8割くらいの時に使う本来の『多分』はなんて言うのがいいの?」ときいたところ、「"probably"がいいね。」との答えでした。

 今から20年以上前のエピソードですが、「目からウロコ」でした。「多分」を辞書で調べると、①probably  ②maybe  ③perhaps 等が出てきますが、①は可能性が7~8割、②は5割、③は3~4割くらいを表しているようです。前出のBillによれば、②と③はほとんど差がないそうです。"probably"は、"maybe"より発音しにくいし、なじみも薄い言葉ですが、相手に信用される人間になるために、これからは"probably"を使う回数を増やすことをお勧めします。


 

A: Do you have free time this Saturday?

     (今週の土曜日、お暇ある?)

 

「お役立ち」2016/6用B: Probably. Why?

     (多分ね。どうして?)

 

A: I want you to take me to "Tokyo Sky Tree."

     (東京スカイツリーへ連れて行ってもらいたいの。)

 

B: OK. But, maybe it's very crowded on Saturday.

     (いいけど。でも土曜日はすごく混んでるかもよ。)

 

A: That's all right. I rather like crowded places. It's very Japanese.

     (それは平気。私混んでる場所がむしろ好きなの。それがとても日本的だわ。)

 

B: M・・・,Maybe.

     (んー・・・かもね。)


"rather"は「むしろ」という意味の言葉です。

 

 本格的な夏シーズン到来です。暑い夏はシニアの皆さんや習い事には大敵?と思いきや、実はそうでもありません。確かに「熱中症(heat-stroke)」には用心ですが、当・吉祥寺MCS英会話スクールのシニアの生徒様に伺うと、「これからの季節は暑いしどこへ行っても混んでるし、涼しくなるまで地元の吉祥寺あたりで過ごします。」という声が結構多いのです。

 それから、最近吉祥寺や中央線の車内で外国人旅行者に何か聞かれたという方が、増えてきました。「MCSで少し習っといて役立ったわ!」というお声も少しずつ増えてきました。

 中央線・吉祥寺・三鷹エリアのシニア英会話なら、「MCS英会話スクール」の無料体験をまずはお試し下さい。


2016年06月18日 10:52 PM

「用がある/用事がある」《シニア日常英会話》

 当・吉祥寺MCS英会話スクールでは、シニアクラスのレベルに応じて「先週の出来事・来週の予定など」を、短くてもいいので喋ってもらっています。そこでよく出てくるのが、「用(事)があった/ある」という表現です。ズバリ一番英語らしい言い方は、"I had(have) something to do."

 "something"は「何か」という意味ですから、「するべき何か」とか「するための何か」が直訳なのですが、実際には"something"は「事・物」と訳した方がいい場合が多いのです。 例えば、"something to say"であれば「(何か)言う事」、"something to eat"であれば「(何か)食べる物」、"something to buy"であれば「(何か)買う物」といった具合です。

 実は、シニアの初級者に限らず日本人全体にとって、"something""anything""nothing"といった語はどことなく苦手なようです。詳しい説明は又の機会に譲ることにしますが、まず"something to 動詞"のパターンだけでもモノにして頂きたいと思います。


 

A: Are you busy tomorrow?

     (明日は忙しい?)「お役立ち」2016/5用

 

B: Not so. But I have something to do in the morning. What's up?

     (そんなでもないけど。でも午前中は用があるの。どうしたの?)

 

A: I want you to teach me how to put on 'kimono'.

     (あなたに着物の着付けを教わりたいんだけど。)

 

B: That's all right. OK, then let's make it in the afternoon.

     (いいわよ。オーケー、じゃあ午後にしましょうよ。)

 


 

 「明日は忙しいですか?」は厳密には未来形で"Will you be busy tomorrow?"といった方が正確かもしれませんが、すぐ近い未来なので現在形でもいいと思います。"I want you to teach~"は「私はあなたに~してもらいたい」。"I want to teach~"だと「私は~したい」になります。

 それでは応用問題です。もうおわかりですね。

 

I had something to buy in Kichijoji yesterday.(きのう吉祥寺で買う物があった。)

 

I have many things to do today.(今日はやる事がたくさんある。)

 

 

 シニア層は(特に女性?)用事の多い方々ばかりで、習い事一つとっても週に3つくらいは当たり前のようです。当MCS英会話スクールの歴代の生徒様の最高記録は「週9つ」でした。そのような多忙スケジュールの中でレベルや雰囲気がピッタリマッチするクラスを見つけるのは、規模の小さな当スクールの場合、そんなに簡単ではないかもしれませんが、とにかく一度ご見学にいらしてみて下さい。もちろん見学体験無料です。

(ちなみに、その「週9つ」の方は80才で、目的は「老化防止」とおっしゃってましたが。)


2016年05月03日 10:44 PM

「~するところだった」《シニア日常英会話》

 前回に続いて"almost"を取り上げたいと思います。

  "almost"は、「ほぼ(ほとんど)~」という意味でしたね。私達が「ほぼ(ほとんど)全員」とか「ほぼ(ほとんど)毎日」と言う場合、それは「90%はそうであるけれど、100%ではない」という事を思い出して下さい。この事から、たとえば"almost forgot"と言えば「90%は忘れたけれど100%忘れたのではない」という解釈をすることができます。これが「もう少しで忘れるところだった」の表現になるのです。

 同様に、以下のような作文も可能です。

I almost broke the dish. (もう少しでお皿を割るところだった。)

I almost missed the train. (もう少しで電車に乗り遅れるところだった。)

I almost fell down the stairs. (もう少しで階段から落ちるところだった。)

I almost succeeded in the business. (もう少しでビジネスで成功するところだった。)

 

 特に③のようなケースにはくれぐれも気をつけて下さいね。シニアの方にとっては「転ぶ(fall down)事」は大敵ですから。下の会話もシニア向けです。

 


 

A: I'm sorry I can't join you for hiking this Saturday.

     (ごめんなさい。今週の土曜日のハイキングに参加できなくなっちゃったの。)

 

「お役立ち」2016/4用B: Oh, what happened?

     (あら、どうしたの?)

 

A: I almost forgot about an important promise.

     I have to go to the zoo with my grandchildren.

     (もう少しで大事な約束を忘れるところだったわ。

   孫と一緒に動物園に行かなくちゃ行けないのよ。)

 

B: Really.  You must go then. Don't mind.

     (本当。それじゃ行かなくちゃね。気にしないで。)

 


 "have to ~""must ~"も「~せねばならない」という有名な表現ですが、"must"の方が「ぜひとも~せねばならない」という強いニュアンスを持っています。

※なお"almost"と同じ意味の語で"nearly"があって、上の例文はすべて"nearly"で置き換えることができます。

 

 吉祥寺・MCS英会話スクールのシニアの生徒様の多くはお孫さんがいらっしゃいます。4月は進学や進級などもあって、「お孫さんがらみ」の予定が多い季節のようです。

 余談ですが、動物園と言えば吉祥寺・井の頭自然文化園の動物園はお勧めのスポットです。混んでいないし、こぢんまりしてアットホームだし、65才以上のシニアの方なら入園料は200円。さらに5月4日(緑の日)と5月17日(開園記念日)は入園無料ですよ。それこそ"You must go!"

 

 

 


2016年04月17日 12:07 PM

「ほとんど/ほぼ~」・・・・間違えやすいalmost《シニア日常英会話》

 今回は、日本人がよく間違える"almost"について取り上げてみようと思います。次の文の誤りがおわかりですか?

   "These days, almost senior-citizens have mobile-phones."

    (最近では、ほとんどのシニアが携帯電話を持っています。)

 実はこの言い方では「(実際にはシニアではないのに)ほぼシニアに等しい年齢層の人達が携帯電話を持っています。」というおかしな意味になってしまうのです。つまり"almost"が誤りなのです。

 正しくは①"almost all senior-citizens"(ほとんどすべてのシニア)、

 または②"most of senior-citizens "(シニアの大半)、

 もしくは③"most senior-citizens"(大抵のシニア)

と言います。

 "almost"は「ほとんどすべての」とか「ほとんど日」のように「形容詞や動詞を修飾する〔副詞〕」として使う場合は良いのですが、「次に来る名詞を修飾する〔形容詞〕」としては使いません。

 それこそ「ほとんど」の日本人が間違えてしまう有名なポイントなので、当「吉祥寺MCS英会話スクール」では、「ほとんど」ではなく「ほぼ~」と覚えるようにアドバイスしています。

【ちなみに、"senior-citizens"というのは「シニア層」を指して言う丁寧な言葉です。】


 

A: I had a bad cold last weekend."

「お役立ち」2016/3用     (先週末はひどい風邪だったんだよ。)

 

B: Oh, that's too bad.

     (それはお気の毒様。)

 

A: I stayed in bed almost all day on Saturday.

     (土曜日はほぼ一日中寝ていたよ。)

 

B: Oh, poor.  And are you all right today?

     (かわいそうに。それで今日は大丈夫なの?)

 

A: Yes. Almost perfect.

     (ウン。ほぼ完璧だよ。)

 


 この"almost"には他にもとても便利な使い方がありますので、それは次回にお話しさせて頂こうと思います。

 

 春がやってきました。まもなく吉祥寺の町もお花見客で賑わいそうです。私も今春は、吉祥寺の桜の名所・井の頭公園に行ってみようと思っています。

 春と言えばスタートの季節。MCS英会話スクールでは、火曜日・水曜日に《シニア専門のゆっくり英会話クラス》を開講の運びです。この機会にぜひ無料見学においでになってみて下さい。もちろん緊張するムードではありませんのでご安心を。 


2016年03月12日 05:39 PM


M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP