日々雑感(ブログ)|吉祥寺から徒歩3分!シニア&初心者のためのゆっくり英会話教室

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話 見学随時受付中!

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > 日々雑感(ブログ)

秋の虫の音(ね)《シニア英会話教養講座》

 「”秋に虫が鳴く”って英語で何て言えばいいのですか?」

これは、私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様からの質問です。

 

 まず「虫」。英語で“insects”(複数形)と言いますが、これは昆虫全般を指しますので、秋に鳴く虫に限って言いたいのであれば“crickets”の方がいいかもしれません。次に「鳴く」ですが、「虫が鳴く」場合には“chirp”という動詞を使います。ですからこの質問の日本文を英語にすれば

 

◆Crickets chirp (at night) in autumn.

 

という英文に一応なります。(「夜に」という意味の“at night”を追加しました。) 

 

 ただし“crickets”は「コオロギ」という意味で、私たちの知っている「マツムシ」や「キリギリス」や「クツワムシ」などを個別に指す名詞はありません。というより、英語には秋に鳴く虫の種類を細かく区分しないで、全部“cricket”でまとめてしまっているといった方がいいでしょう。【わずかに「スズムシ」だけは“bell-ringing crickets”というとってつけたような名詞がありますが・・・・・】ですから、この文を外国人の前で言うと、「秋の夜にはコオロギがチュッチュッと鳴く」という程度に解釈されてしまいます。なんて味気ないことでしょうか!

 

 実は、日本人以外のほとんどの民族は、虫の声を愛でるという習慣はないのです。ですから、秋の虫の種類も、それらが奏でる音色のバリエーションも興味がなく、従って虫の種類を指す単語さえ存在しないわけなのです(学術名は除く)。実際、虫の声を“noise”(雑音・騒音)ととらえている人も多いそうです。日本人なら“noise”でも“chirp”でもなく、せめて“sing”(歌う)と言いたいところですね。

 

◆Many kinds of crickets sing (at night) in autumn. And Japanese enjoys listening to it.

       (秋の夜には、いろんな種類の虫が歌います。日本人はそれを聞くのを楽しみます。)

 

※上の文で“listening”を使いましたが、これも外国人なら“hearing”になってしまうでしょう。なぜなら“listen”は「意識して耳を傾けて聞く」、“hear”は「無意識に耳に入ってくる」の意味だからです。【「~に耳を傾ける」といういみだから“to”が要るのです。】

 

 ついでの余談になりますが、外国人は「虫の声」を右脳で認識するのに対して、日本人とポリネシア人だけは左脳で認識するのだそうです。左脳は「言語」を認識する領域で、私たちにとっては「虫の声」は言葉のように認識されるとのこと。もしかすると、日本人はポリネシア語を習ったら上達が早いのかも知れませんね(?)。

 

「日々雑感」2019/9月用


2019年09月16日 11:00 PM

「ヤバい」《シニア英会話教養講座》

 若者を中心によく使われる言葉に「ヤバい」があります。シニアの人達は知っていてもめったに使う事はありません。英語にすると“dangerous”(危険な・危ない)、もしくは“bad”(悪い)・“no good”(良くない)になるでしょうか。

 

 ところが、ここ1・2年の傾向として、「ヤバい」が良い内容のことにも使われている事に気づきます。テレビ番組の中でタレントが、「このピザヤバいよ。」とか「今度のダレダレの新曲ヤバいですよ。」のように、ほめ言葉として使っているのをよく耳にします。【もちろんNHKではなく民放ですが・・・】

 

  それでは、この良い意味に使われる「ヤバい」を英語にしてみたら何と言うのでしょうか?答えは“awesome”。この形容詞は本来「畏怖の念を起こさせるような」という意味なのですが、最近では「相手をおののかせるようなすごい・すばらしい」という意味で使われます。語源の“awe”は名詞で、「畏怖・恐れ」という意味ですから、「元々は良くないことに使われていたのが、良いことにも使われるようになった」という点でも、「ヤバい」に共通する物を感じます。

 

◆This pizza is awesome. (このピザやばいよ。【すごくおいしいよ。】)

 

◆That concert was awesome. (あのコンサートヤバかったよ。【サイコーだった。】)

「日々雑感」2019/8月用

 

 

 先日会った私の友人のアメリカ人(20代の女性)もこの言葉を使っていました。彼女によれば、アメリカでは年齢を問わずシニア層でも使っているとのこと。(ただ、イギリス人はあまり使わないようです。)私ども「MCS英会話スクール」のシニアの生徒様には「ヤバい」はお勧めしませんが、この“awesome”は使う事をお勧めしたいものです。

 

 なお、“awesome”とほぼ同じような言葉としては、“great”(すごい・すばらしい)、“amazing”(びっくりするような)、“unbelievable”(信じられないような)、“incredible”(信じられないような)等もありますので、参考にしてみて下さい。


2019年08月27日 10:27 PM

熊野古道レポート《シニア英会話教養講座》

 「吉祥寺MCS英会話スクール」の夏休み期間中、「熊野古道歩き」に行ってきました。「熊野古道」はご存知の通り、ユネスコの世界文化遺産に登録されている宗教的巡礼道で、「道」が登録されたのは、スペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」に次ぐ2番目の事例となっています。

 

 英語で「巡礼者・聖地参拝者」のことを“pilgrim”と言います。「巡礼道」は“pilgrim-road”もしくは“pilgrim-route”でいいでしょう。

 

①I walked along the “Kumano Pilgrim-road” this summer. (「熊野古道」を歩きました。)

 

②I went on a pilgrimage to Kumano. (熊野へ巡礼の旅に行きました。)

 

 “pilgrimage”は「巡礼の旅」のことで、最近はやりの「札所巡り」もこれにあたります。

 

 もっとも、「熊野古道」は総延長距離が約1000㎞もありますので、いくら私のような物好きな人でも、1日にせいぜい10㎞くらいの一部分を歩くだけです。今回は初日に10㎞(約4時間)、2日目に5㎞(約2時間)を歩いただけでしたが、35度の猛暑もあって疲労困ぱいしました。

 

③How far did you walk? (何キロぐらい歩いたのですか?)

 

④How long did you walk? (何時間ぐらい歩いたのですか?)

 

⑤I was exhausted. (私は疲労困ぱいしました。)

 

“far”は距離を、“long”は時間を聞きます。“exhausted”というのは“very tired”の意味です。】

 

 今回歩いたのは、三重県側の「伊勢路」という少しマイナーなコースでしたが、5年前に歩いた和歌山県の「中辺路」に外国人が大勢いたのに比べると、日本人すらほとんど見かけませんでした。初日に唯一出会ったアメリカ人の母子のさわやかな笑顔が印象的でした。

 

⑥It was a hard road to walk but I fully enjoyed walking. (歩くのにキツイ道でしたが、十分楽しみました。)

 

「日々雑感」2019/8月用「日々雑感」2019/8月用「日々雑感用」2019/8月用「日々雑感用」2019/8用


2019年08月17日 10:47 PM

東京オリンピックまであと一年《シニア英会話教養講座》

 いよいよ東京オリンピックまで、あと一年となりましたね。私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様たちの中では、残念ながら先日のチケットの抽選に当たった方はいらっしゃいませんでしたが、身内に当たった方がいて、それに便乗できる方はいらっしゃるようです。(今後もまたまだチャンスはあるようですが。)

 開幕日までちょうど一年となった今日、新聞に“1 year to go”と大きく書かれた全面広告が掲載されました。この“to go”という言葉は「あと・・・」という意味で、その前に“1 year”とか、“2 weeks”とか、“30 minutes”などの言葉を置いて、「あと1年/1週間/30分」というように使います。“go”には「進行する」という意味もありますので、分析すれば「進行するべき1年」といったことになるでしょうか。“to go”の変わりに“left”(残された)という語を使っても同じです。

 

◆There is 1 year to go before the Tokyo Olympics. (東京オリンピックまであと1年ある。)

 

 〔※「2年ある」場合には“There are ~”になります。また、“before”“until”にしてもOKです。〕 

 

◆Don’t give up! You still have 1 day to go before the deadline. (あきらめるな!君にはまだ締め切りまで1日ある。)

 

 〔※“still”という語を使えば、「まだ」の意味が付加できます。〕

 

◆How many minutes to go (do we have) before the  departure? (出発まであと何分あるんだっけ?)

 

I have only 3 days left until the end of my summer-vacation. (夏休みが終わるまであと3日しか残っていない。)

 

 夏休みの宿題がある方は、早めにやっておいて下さい。もっともシニアの皆さんには無縁の話ですが。

 ちなみに当「吉祥寺MCS英会話スクール」にも夏期休講はありますが、宿題はございません。

 

「日々雑感」2019/7月用2


2019年07月25日 10:14 PM

rain cats and dogs《シニア英会話教養講座》

 今年の梅雨(rainy season)は、梅雨らしい梅雨ですね。猛暑だった昨年の7月に比べてずっと涼しいのはありがたいのですが、こんなに雨が続くと気持ちがめいってしまいます。野菜の値段も上がり始めているとか。

 

■This long rain makes me (feel) blue.   (この長雨で、気持ちがめいってしまう。)

 

 先日、私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様から、「どしゃ降りの雨は“It rains cats and dogs.”って聞いたことがありますが、どうして猫と犬なんですか?」という質問を受けました。実はこれには定説が無いようなのです。親しいアメリカ人の友人に聞いてもはっきりわからないようでしたし、辞書にあった「北欧地方では、猫が大雨を招き犬が大風を招くという迷信があるため」という説明も、真偽の程が怪しいようです。ただ、このイディオム(熟語)は日本人にはよく知られていて、私も受験生時代に英会話や英文法の教科書に出ていたのをはっきり記憶しています。

 

 もっとも、当のアメリカ・イギリス人達はあまりこの言い方を使っていないように思います。彼等は、

 

■It rains heavily. (大雨が降る。/どしゃ降りの雨が降る。)

 

という、ちょっと味気ない表現をします。【「小雨」の場合には“heavily”“lightly”に変えればOKです。】

 

 

 また、「どしゃ降り」ではありませんが、言えそうで言えないこんな表現も覚えておくと便利ですよ。

 

■It rains on and off. (雨が降ったりやんだりする。)

 

★なお、上に紹介した例文の“It rains”“It rained”に変えれば《過去形》「雨が降った」に、“It is raining”に変えれば《現在進行形》「今雨が降っている」になります。また“It has been raining”に変えると、《現在完了(進行形)》の「このところずっと(今も)降っている」のニュアンスになります。

「日々雑感」2019/7月用

 

 あまりに降り続く雨にちなんで、今回は「雨の話」でした。

 ああ、青空が恋しいですね。

 

■I’m longing for the blue sky! (私は青空を待ちこがれている。)


2019年07月15日 10:20 AM


M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP