お役立ち英会話!吉祥寺駅から徒歩3分!シニアのためのMCS英会話スクール

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > お役立ち英会話

「~しながら」《シニア日常英会話》

 シニア女性の方は「ながら族」が得意のようです。それもそのはず、料理にせよ掃除・洗濯にせよ、主婦の仕事はもともと複数の作業を同時進行させなくてはならない事ばかりですね。しかしスマートフォンの登場によって、最近では「ながら族」の主役は若者に奪われてしまった感があります。

 

 今回は、「~しながら」という言い方を考えてみたいと思います。まず下の例文を見て下さい。

 

①We enjoy talking over coffee. (私たちはコーヒーを飲みながらおしゃべりを楽しむ。)

 

②I slept with the air-conditioner on. (私はエアコンをつけながら眠った。)

 

③It's bad manners to talk with your mouth full. (物を食べながらしゃべるのは行儀が悪い。)

 

 いずれも「~しながら○○○する」という表現ですが、どんな行為にも幅広く使えるパターンではありません。何といってもオススメは"while"を使う表現です。

 

④We enjoy talking while drinking coffee. (上の①と同じ意味です)

 

⑤He has dinner while watching TV. (彼はテレビを見ながら夕食を食べる。)

 

⑥She was waiting for a train while texting. (彼女は携帯電話をいじりながら電車を待っていた。)

 

"while"はそもそも「~している間に」という意味を持つ〈接続詞〉なのですが、後ろに"~ing"の形をつなげることで「~しながら」という言い方にできる便利な言葉です。

 

 ⑥に出てきた"texting"という語について説明しておきましょう。本来「本文」とか「教科書(textbookの略語)」として使われる〈名詞〉の"text"が、「文を作る・書く」という〈動詞〉としても使われるようになり、さらに最近では「携帯電話やスマートフォンに文を打ち込む」という意味にも使われるようになったものです。もともとは若者のスラングだったようなのですが、今ではすっかり定着していて、私の友人のネイティブ達も頻繁に使っています。

 

※なお、上の⑤の文を"He has dinner  watching TV. "のように"while"を使わないで、「テレビを見ながら」という意味にするテクニックもあります。これは〔分詞構文〕という上級者向けのテクニックで、皆さんには無理をしないで"while"を使う言い方の方をオススメします。

 


 

 

A: My daughter always studies while listening to music. 

     How can she concentrate?「お役立ち」2019/10月用

     (ウチの娘はいつも音楽を聴きながら勉強してるのよ。

       よく集中できるわね。)

 

B: Oh, my son, too. No. His case is the opposite.

     He listens to music while studying.

     (あら、ウチの息子もよ。いや、彼の場合は逆ね。

       彼は勉強しながら音楽を聴いてるわ。)

 

A: Oh My God!  It's unbelievable.

     (何てことかしら!信じられないわ。)   

 


「~に集中する」という言い方は"concentrate on ~"といいます。「勉強に集中する」であれば、"concentrate on studying"です。   

 

 この"text"(本文)を書いている間にも、台風19号による暴風雨が吹き巻いていますが、皆様の所は大丈夫でしょうか?

 秋は台風シーズンでもありますが、「文化の秋」「習い事の秋」でもありますね。「吉祥寺MCS英会話スクール」では、この秋、初めて英会話を習うシニアの生徒様を募集しております。「吉祥寺MCS英会話スクール」はJR吉祥寺駅から歩いて3分。少しだけ勇気を出して、ぜひご見学【無料】にお越しになってみて下さい。


2019年10月12日 06:15 PM

“will”と”be going to”の違いの話《シニア日常英会話》

 今回は、あらためて"will""be going to"の違いの話をさせて頂きます。私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様からも頻繁に質問される事で、つい先日も話題になったばかりです。

 

  まず次の2文を見て下さい。

 

①I will eat sushi for dinner.

 

②I'm going to eat sushi for dinner.

 

 どちらも「未来形」で、「私は夕食にお寿司をたべるつもりです。」という意味ですが、①は「今の意志として食べるつもりでいる」、②は「食べようとしている・食べることになっている」ニュアンスでしょうか。①の方は、もしかするとお寿司屋さんに向かう途中で、安いステーキ屋さんを見つけたので急きょステーキに変更になってしまうかもしれません。でも②の方は、既にお寿司屋さんが予約してあって、変更される可能性は低い感じです。"going"が使われているということは、「その行為に向けて既にスタートを切っている」と考えれば良いと思います。

【文法用語では①は「意志未来」、②は「近未来」と言ったりします。】

 

 但し、これは厳密に言えばの話で、ネイティブ達もいちいちそこまで区別して使っているとは限りませんし、私たちもそんなに使い分けにこだわる必要はありません。もっとも次のような特殊な例では気をつけた方がいいでしょう。

 

③I will die. (私は死ぬつもりよ。)

 

④I'm too much busy. I'm going to die. (あまりに忙しすぎて、私死んじゃうわ。/死にそうよ。)

 

 

◆ちなみに、"be going to""be"を「過去形のbe動詞(was/were)」にすると、「~するつもりだった/しようとしていた」という表現ができます。このニュアンスは"will"では出せませんので、覚えておきたいですね。

 

⑤I was going to die. (私は死にそうだった。)

 

⑥We were going to go out but we couldn't. (私達は外出するつもりだったが、できなかった。)

 

★なお、⑥の例のように"be going to"の後の動詞が"go"(行く)になる場合には、"going"を1回だけにして"We were going out・・・・."のようにしても構いません。

 

さらに、"come"(来る)の場合には、"going"そのものを"coming"に変えてしまう事もできます。

 

⑦She is going to come here.=She is coming here. (彼女はここに来ます。)

 


 

 

A: I'm going to climb Mt. Fuji this weekend.「お役立ち」2019/9月用

     (僕は今週末富士山に登るんだ。)

 

B: Good!  What time will you start climbing?

     (いいね。何時に登り始めるんだい?)

 

A: I will start after lunch, about 1 o'clock.

     I want to see a sun-rise from the top the next morning.

     (昼食後、1時頃のつもりだよ。翌朝頂上から日の出を見たいんだ。)

 

B: Great! But be careful of mountain-sickness. Climb slowly.

     (すばらしい!でも高山病に気をつけて。ゆっくり登れよ。)

 


 

 私も学生時代に富士山に登ったことがありますが、高山病による頭痛でとてもつらかったことを思い出します。聞くところでは、シニア層の方が若い人よりも高山病が軽くすむようで、そろそろシニアの私はもう一度トライしてみようかと考えています。

 

 「吉祥寺MCS英会話スクール」では、この秋から《シニア初級英会話》クラスをオープンの予定です。「若い人に気兼ねせず、同年代の仲間とゆっくり英会話を習ってみたい」シニアの方は、ぜひ一度ご見学【無料】においで下さい。


2019年09月05日 10:27 PM

「猛暑」「熱中症」《シニア日常英会話》

 How are you getting along in these hot days?(暑中見舞い申し上げます。)

 

 毎日、本当に暑いですね。この時期、私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様は、この猛暑の中を毎週通ってきて下さり、エアコンの効いた室内にいる私は、皆さんに足を向けて寝られないようなありがたい気持ちになります。今回はこの時期にちなんだお話しをさせて頂きます。

 

◆「猛暑」は英語では何と言えばいいでしょうか?単に"It's very hot."(非常に暑い。)や"It's too hot."(暑すぎる/あまりにも暑い。)と言う以外に、こんな表現もあります。

 

①It's extremely/severely/terribly hot. (極度に/厳しいほど/恐ろしく暑い。)

 

②It's boiling hot. (茹だるように暑い。)

 

 名詞にすると、それぞれ"extreme heat""severe heat""terrible heat""boiling heat"になります。ちなみに「蒸し暑い」は「暑い+湿度が高い」の意味ですから"hot and humid"、もしくは一語で"muggy"と言います。

 

③It's so muggy today. (今日はすごく蒸し暑い。)

 

 

◆そして「猛暑」に付きものの「熱中症」は"heat stroke"とか"sun stroke"と表現します。"stroke"というのは「一撃」とか「卒中・発作」などと訳される言葉です。「熱中症」は室内でも起こりますので、"heat stroke"の方が適切かもしれません。「熱中症になる・かかる」と言う時には、動詞の"get""have"を使えばOKです。

 

④He got heat stroke. (彼は熱中症になった。)

 

⑤I had slight heat stroke at that time. (私はその時軽い熱中症にかかっていた。)

 

【そういえば、私が子供の頃には「熱射病」とか「日射病」という言葉をよく聞きましたが、これらは「熱中症」と同じです。シニア層には懐かしい言葉かもしれませんね。】

 


 

 

A: What's your plan for your summer-vacation?

     (夏休みの計画は?)

 

B: I'm going mountain-climbing「お役立ち」2019/8月用 to avoid this extreme heat.

     (この猛暑を避けるために登山に行くのよ。)

 

A: Good. But take care not to get heat stroke.

     (いいわね。でも熱中症にかからないように気をつけてね。)

 

B: I know. But the mountain is over 1000 meters high.

     (わかってるわ。でもその山は標高1000メートル以上なのよ。)

 

A: No. You shouldn't take it too easy.

     (だめよ。甘く見ない方がいいわよ。)

 


 

 "Take it easy."は、よく「気楽にやりなよ。」とか「頑張れよ。」という意味に使いますが、"too easy"とする事で「あまりに安易に考える」といったニュアンスになります。

 

 皆さんの夏の計画はどうでしょうか?「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様のほとんどは、「こんな暑くて混んでいる時にどこにも行きませんよ。この猛暑はシニアの大敵ですからね。」と、賢い選択のようです。

 私は今日(8月6日)から8月15日(木)まで夏休みを取らせて頂きます。「MCS英会話スクール」のレッスンもその間休講とさせて頂きます。8月16日(金)からは通常通りです。ご了承下さいませ。


2019年08月06日 11:36 AM

「断・捨・離」《シニア日常英会話》

 今回は、私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアレッスンで頻繁に話題になる「断捨離」をテーマにしてみたいと思います。当スクールのシニアの生徒様に限らず、全てのシニア層にとって大きな関心事であるはずです。(私も含めて?)

 

 私もよく知らなかったのですが、「断捨離」はヨガに由来する言葉だとか。わかりやすく言えば、ポイントは「不必要な物を買わないようにする"Not buying unnecessary things"」と「不要な物を捨てる"Throwing away useless things"」の2つになると思います。("unnecessary""useless"も同じような意味で、両方とも"unnecessary"で言ってもいいと思いますが、"useless"には「不要になった・役立たない」という意味もありますから、あえて別の形容詞にしました。)

 

 ここで押さえておきたいのは「捨てる」という言い方です。日本語でも「捨てる」事を「投棄する」と言うように、「投げる」を使って"throw away"と言います。【過去形は"threw away"です。】

 

①I threw away many old books. (私は沢山の古い本を捨てた。)

 

②Don't throw away cigarette-butts! (タバコの吸い殻を捨てないで!)

 

※ちなみに、"it(それ)""them(それら)"のような短い目的語を使う場合には、"throw it away""throw them away"のように真ん中に入れる方がいいでしょう。

 【但し、「子供や動物を捨てる」場合には"abandon"という動詞を使います。】

 

◆そしてもうひとつ、「~に執着する」という表現も紹介させて下さい。「物への執着を絶つ」ことが「断捨離」の根幹だからです。

 

③He sticks to money very much. (彼はすごくお金に執着する。)

 

④She stuck to the glory of her past. (彼女は過去の栄光にしがみついた。)

 

 この"stick to ~""cling to ~ "と言いかえても同じ意味です。【過去形はそれぞれ"stuck to ~""clung to ~ "です。】

 

 

 なお、最近の英語では「断捨離」のことを"minimalism"と表すこともあります。これはもともと芸術の世界の用語で、「デザインや装飾を必要最小限に抑える手法」の意味だそうですが、生活様式にも使われるようになったものです。「断捨離」を実践している人は"minimalist"となります。

 


 

 

A: My mother can't throw away old things.

     (ウチの母は古い物を捨てられないのよ。)

「お役立ち」2019/7月用

 

B: I guess it's because she lives in a big house alone.

     (私の感では、それは大きな家に一人で住んでいるからよ。)

 

A: That's it. Plus she experienced the wartime.

     So she sticks to things and food very much.

     (そこなのよ。それに彼女は戦争を経験していて、

  だから物や食べ物にすごく執着が強いのよ。)

 

B: I see. Well, how about yourself? Are you OK?

     (なるほどねぇ。あなた自身はどうなの?大丈夫?)

 

A: I'm good at throwing away, except my weight.

     (私は捨てるの得意よ。体重を除いてだけどね。)

 


 

 " I guess""I think"よりも直感的に「思う・気がする」という意味で、 "I'm good at ~ing" は「~することが得意です」の意味です。"except"は「~を除いて」という意味になります。

 

 毎日降り続く雨。今年は「中休みの晴天日」が多かった昨年よりも梅雨らしい梅雨ですね。「吉祥寺MCS英会話スクール」へは、JR中央線/京王井の頭線・吉祥寺駅の《アトレ東口出口》から徒歩1分以下で来られます。雨の日も傘はほとんど不要(unnecessary/useless)!初心・初級のシニアの皆様、ぜひ一度ご見学【無料】においで下さい。


2019年07月03日 10:39 PM

missとmistakeの話《シニア日常英会話》

 今回は、私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様たちに限らず、日本人の多くが誤解している、というか使いこなせていない"miss""mistake"のお話しをさせて頂きます。

 まず始めに、私たちがよく使う「ミスをする」(間違い・失敗をする)という言葉ですが、これは全くの和製英語で、本来「ミステイク」で言うべき所を勝手に縮めてしまったものだという事を知っておいて下さい。

 

"mistake"という語は、名詞として使えば「間違い・誤り」という意味で、動詞として使えば「(目的のものを)取り間違える」という意味です。この「取り」の部分はさまざまな動詞に変えて使う事ができます。例えば「見間違える」「思い間違える(誤解する)」「(スイッチなどを)押し間違える」「(電車などを)乗り間違える」「勘違いする」などは、すべて"mistake"で行けるのです。

 

◇それに対して、"miss"は名詞はなくて、動詞として「(目的のものを)取りそこなう」という意味です。この「取り」の部分も"mistake"の時と同じように、さまざまな動詞に変えて使う事ができます。例えば「見そこなう(見逃す)」「聞きそこなう」「食べそこなう」「乗りそこなう」といった具合です。

 つまり"mistake"した場合は「目的のものとは違ったものが手元にある」状態で、"miss"した場合は「目的のものが手元にない」状態と考えてもいいでしょう。

 

 なお、"miss"にはもうひとつ凝った意味があります。それは「目的の物・人が手元にない・いないので困る/寂しい」という一歩深い意味です。これがラブソングでよく出てくる"I miss you."つまり「君がいなくて寂しい/君が恋しい」なのです。もしこれを"I mistake you."と言うと、「あなたを見間違える・人違いをする・誤解する」という意味になってしまってマズイ事になってしまいます。

 

①I mistook the train./I missed the train. (電車を乗り間違えた/電車に乗り損なった。)

 

②I mistook the way./I missed the way. (道を〔方法を〕間違えた/道を〔方法を〕見失った。)

 

③I mistook the umbrella./I missed my umbrella. (傘を間違えた/傘を置いてきてしまった〔ので困った〕。)

 

 なお、上で述べた和製英語の「ミスをする」の英語ですが、何らかの間違いや過ちをした時には"I made a mistake."と言って下さい。また「間違って・誤って」という意味の"by mistake"もぜひ覚えておきたい言い方です。

 

④I bought a large-size by mistake. (間違ってLサイズを買ってしまった。)

 


 

A: I'm sorry I'm late.

     (遅れてごめん。)

 

B: That's OK. Did you nap in the train and miss Kichijoji-station?

     (いいよ。電車の中でうたた寝して吉祥寺駅を寝過ごしたのかい?)

 

A: No. I mistook the train. I got on a Special-Fast train by mistake.

     (違うよ。電車に乗り間違えたんだ。間違って「特快」に乗っちゃったんだ。)

 

「お役立ち」2019/6月用

B: Ah. I sometimes do that, too.

     (ああ、僕もたまにそれをやるんだ。)

 


 

"nap"というのは「昼寝する・うたた寝する」という意味の動詞です。「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様たちも、これと同じ失敗をする方がいらっしゃいます。

 

 JR中央線の事情をよくご存知ない方のために説明させて頂きます。中央線には「快速(Fast-train)」と「特別快速(Special-Fast-train)」(通称・特快)が運行されていて、新宿方面から乗った場合、「特別快速」は吉祥寺を通過して一駅先の三鷹駅まで行ってしまいます。ですから、吉祥寺で降りるためには「快速」に乗るか、「特別快速」に乗って三鷹から一駅戻ることになるのですが、三鷹駅から戻る方法は意外に時間がかかります。その上、三鷹駅で階段の上り下りもありますし、特にシニアの方にはおすすめしません。小金井や八王子方面からであれば、三鷹駅で「特別快速」から「快速」に乗り換えれば時間が節約できます。


2019年06月02日 01:03 PM


M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP