お役立ち英会話!吉祥寺駅から徒歩3分!シニアのためのMCS英会話スクール

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > お役立ち英会話

日常会話「ありがとう/お礼の言い方」

今回は基本に返って「ありがとう」について考えてみたいと思います。 生涯で最もよく使う英語は、"Thank you." ですね。テーマは3つあります。   一番よく使う英語だからこそ、きれいに発音しましょう 上の前歯と下の前歯で舌を軽くはさんで、(舌は1~2センチ相手から見えるくらい出します。)後ろに引っこ抜きながら「セン」または「テン」と発声します。その後に「キュー」と言えば、ネイティブも顔負けの発音になります。   "Thank you."の後に、"for~" を続けて「お礼の対象」をきめ細かに表してみましょう "Thank you for your kindness."(ご親切にありがとう)は有名ですが、 他に"Thank you for your present.""Thank you for your advice." のようにも応用できます。 覚えておきたいのは、"Thank you for helping me." とか、"Thank you for coming today."のように、後ろに"~ing"形をつなげて表現をふくらませる事。   "Thank you."以外の言い方も知っていると便利です "Thank you (very much)."だけだと、あまりによく使うので、「何か他の言い方はないかしら?」と感じてしまう時がありませんか? 特に手紙を書いたりする時には、それだけではものたりなくなるものです。 おすすめは"I appreciate ~."(私は~に感謝します)。 たとえば、"I appreciate your kindness.""I really appreciate your hospitality.""hospitality"は、東京オリンピック誘致の際に有名になった「おもてなし」という意味です。)"really(本当に)"や、"deeply(深く)"を入れる事で、程度を強める事もできます。 ただし、"I appreciate you."のように、「人」を続ける事はしませんので注意が必要です。 これと似た表現で、"I'm thankful(grateful) for ~."というやや格式ばったのもあります。 お礼の手紙(a letter of thanks)を書く時などに使ってみて下さい。  
  A: Thank you for inviting me today. 「お役立ち」2014/7用  (今日はお招き下さってありがとう。)   B: My pleasure. Please make youself at home. (どういたしまして。どうぞくつろいで下さい。)   A: This is my small present for you. (これはほんの気持ちです。)   B: Oh! Thanks. (まあ! どうもありがとう。)  
  最後に、感謝の気持ちが非常に大きい時の言い方として、"I don't know how to thank you." (感謝のしようもありません。)というのも紹介しておきます。 "My pleasure."は「どういたしまして。」です。次回はこれをテーマにしてみたいと思っています。     シニア専門の「吉祥寺英会話スクール」は、梅雨時も元気です。50代~80代のシニアの皆さんが、雨にも負けず、レッスンに来て下さっています。もっとも、雷には皆さん弱いようですが。

2014年07月14日 10:44 AM

日常会話 例文「雨が降る」

 今年の2月号の「お役立ち英会話」で、「雪が降る」を取り上げましたが、今日は梅雨にちなんで「雨」をテーマにしてみます。天気や時間のことを言う時に、英語では"it"を主語にして言う事が多いです。この"it"は「それ」とは訳さず、あくまで主語の代用品と考えて下さい。"snow"の時と同様に"rain"にも、名詞で「雨」という意味と動詞で「雨が降る」という意味があります。また"rainy"は形容詞で「雨降りの」という意味です。

 

①It rains every day./It rained yesterday./It wil rain tomorrow.

     (毎日雨が降ります。/昨日は雨が降りました。/明日は雨が降るでしょう。)

 

②It is raining now./It was raining at that time./It will be raining at that time.

     (今雨が降っています。/その時雨が降っていました。/その時には雨が降っているでしょう。)

 

③It is rainy today./It was rainy yesterday./It will be rainy tomorrow.

     (今日は雨降りです。/昨日は雨降りでした。/明日は雨降りでしょう。)

 

 それぞれ、左の文が現在、中央の文が過去、右の文が未来です

①では"every day"、"yesterday"、"tomorrow"、"much"、"a little"などを後ろに付けて言うのが普通です。「今ザァザァ(シトシト)降っている最中」を表現するのなら、進行形の②です。その時点の状況でなく「今日の天気は雨天」というように幅広く表現するなら③です。②と③は似たような表現ですが、その時点にスポットを当てるか、幅広い時間帯でとらえるかによって微妙に違ってくるわけです。

 


 

「お役立ち」2014/6用A: How was the weather in Kyoto?

      (京都のお天気はどうだった?)

 

B: It was rainy every day.

      (毎日雨〔ふり〕だったわ。)

 

A: Oh, that's too bad.

      (まあ、それは残念ね。) 

 

B: No. Kyoto in rain is attractive, too.

      (いいえ。雨の京都もまた魅力的よ。)

 


 

 1行目は天気を聞く時の定番です。2行目を"It rained every day."と言うと、「毎日雨が降った。」というニュアンスになります。3行目の言い方は、相手から好ましくない内容の事を聞いた時にいつでも使えます。

 最後に、この季節のためにこんな言い方もご紹介しましょう。

 

B: It rained on and off.   (雨が降ったりやんだりでした。)   明日は晴れるといいですね。

 

●スッキリしない季節ですが、MCS英会話スクールは、JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺」駅から駅ビル「アトレ」の中を通ってくれば、傘をさす距離は50メートル程。シニアの方の足下にも優しい立地です。もちろん、皆さん雨にもめげず今日も元気いっぱいレッスンされています!!


2014年06月14日 07:16 PM

日常会話「電車乗り継ぎ(1)」

 最近、都内の駅では外国人旅行者をよく見かけます。彼等は、東京の電車マップや地下鉄マップなどをちゃんと携帯していて、私達が思っているよりもスマートに交通機関を使いこなしているように見えます。

 とはいっても、最も基本的な「電車ガイド」の手順は覚えておいて損はありません。なぜならば、私達が外国に行った時に、立場を逆にして役立てる事ができるからです。

 


 

A: Excuse  me.  How  can  I  get  to  Harajuku?

   すみません。原宿へはどうやって行けますか?

 

「お役立ち」2014/5用B: Take  the  Chuo-line  from  here  to  Shinjuku.

    ここから新宿まで中央線に乗って下さい。

     And  change  to  the  Yamanote-line  (at  Shinjuku).

   そして(新宿で)山手線に乗り換えて下さい。

     Harajuku  is  the  2nd  stop  from  Shinjuku.

   原宿は新宿から二つ目ですよ。

 

A: How  long  does  it  take?

   どれくらい時間がかかりますか?

 

B: (It  takes)  about  30  minutes.

   約30分くらいです。

 


 「乗る」は ride とか get  on とか色々ありますが、一番普通の take がいいと思います。  

自分が尋ねる側になった時、How  can  I  get  to  ~? が出てこなければ、I  want  to  go  to  ~.(私は~へ行きたいのですが。)と言ってもOKでしょう。

所要時間を尋ねるHow  long  does  it  take?は、少々覚えにくい文ですが、超有名な文なので暗記してしまう事をおすすめします。このtakeは、「乗る」ではなく「時間がかかる」という意味で、必ずitを主語にします。

 

 そして一番大切な事は、「自分一人で全責任を負わない事」。もちろん間違った事を教えてはいけませんが、「いくつ目の駅?」とか、「何番線だったか?」とか、「最短ルートはどれか?」などといったところまで考える必要はないのです。最初のステップさえキチンと教えてあげれば、あとは旅行者がそのつど色々な人に聞くわけですから。この例文では吉祥寺を起点に想定しましたが、「ここから中央線に乗って新宿へ行く」だけ伝わればまずは十分なのです。

 この事は逆の立場でも同じです。ヒヤリングに自信のない場合は特に、相手に教えてもらった最初の情報だけを記憶しておいて、次にまた別の人に聞きながら行けばよいのです。

 

 こんな言い方も参考にして下さい。。

 

B: At  first,  go  to  Shinjuku  by  the  Chuo-line.  And  please  ask  somebody  again.

  (まず、中央線で新宿まで行って下さい。そして、どうぞ誰かにまた聞いて下さい。)

 

 そしてもうひとつ。もしも駅で外国人にイキナリたずねられてよくわからない時には、笑ってごまかさずに、このように言いましょう。これだけでも相手に与える印象は全然違いますよ。

 

B: I'm  sorry.  I  am  a  stranger.  Please  ask  the  station-staff.

    ( ごめんなさい。 地元の人間じゃないんです。どうか駅員に聞いて下さい。)

 


●駅や電車の中で外国人にものを尋ねられる機会は、今後増える事はあっても減る事はありません。

 吉祥寺MCS英会話スクールは、「一度勇気を出して外国人に英語で答えてあげたい」シニアの方々を応援します。東京オリンピックの「おもてなし」の主人公は、断然、シニア層の皆さんなのですから。


2014年05月14日 12:08 AM

「値引き」-旅行会話買い物編

春の行楽シーズンがやってきました。「個人海外旅行」が夢だとしても、まだまだ「パック旅行」という方が圧倒的です。パック旅行でも、添乗員から離れて英語を使う最大のチャンスがショッピングです。今回は、シニア・ヤングを問わず最も興味のある「値引き交渉」の言い方をご紹介します。 "Price down, please."でも通じますが、ワンランク上の表現を使ってみましょう。
  A: It's expensive. Discount, please. 高いわねぇ。値引きして下さい。   B: How about  $94? 94ドルではどうですか?   A:If $90, I will buy. もし90ドルなら買うわ。  
  "discount"は「値引きする」という動詞です。"I will buy.""will"は忘れても構いません。 "$94""94 dollars"と言わないで"ninety-four"と、数字だけ言ってもOK。 ちなみに「94ドル50セント」であれば、"ninety-four, fifty"で通じます。 そして、さらなる値引きをねらうなら、こんな手もあります。  
  A: Discount more for cash. 現金で買うからもっと値引きしてよ。money_1dollar1   B: OK. How about $85? オーケー。85ドルでどうですか?   A: Good!  Thank you. いいわ。ありがとう。  
  "for cash"のところを"for 2 pieces"とすれば、「ふたつ買うから」となって、これも有効な手です。 なお、もうすこしエレガントに言いたい方は、"Could you~?"(~して頂けますか?)を使う事をおすすめします。「クッジュー」と発音して下さい。 A: Could you discount, please?   ご成功をお祈りします。I wish you good luck!   ◆JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺」駅から3分の「MCS英会話スクール」は、シニアの方、初心者の方の海外旅行を応援します。  どのレベルのクラスでも、【旅行会話】にトライ。生徒様には、実戦さながらに、立って身振り手振りをまじえてしゃべって頂きます。

2014年04月05日 10:04 AM

日常会話「花粉症」 – お役立ち英会話

春は花粉症の人にとっては憂うつな季節ですね。この「花粉症」を英語では何というのでしょうか? 正確に言うなら「スギ花粉アレルギー」ですから、I have a (cedar-)pollen allergy.となります。 "allergy"は「アラジー」と発音します。しかし現実としては、この表現では外国人にはなかなかわかってもらえません。それは、アメリカやヨーロッパでは「スギ花粉アレルギー」なるものがほとんどなく、理解が進んでいないからです。 そこで彼等にもわかってもらいやすい表現で言ってみましょう。それは、I have hay-fever.という言い方。 "hay"とは、「干し草・枯草」の意味です。外国では高く積み上げた干し草から出るエキスで、日本の花粉症と似た症状が起きるのだそうです。つまり「手っとり早く言えば、あなたの国にもよくあるhay-feverですよ。」というわけです。  
  kafunsho3A: Oh!  My eyes are itchy. あぁ、目がかゆい!   B: Oh, poor.  Do you have hay-fever? かわいそうに。花粉症なのかい?   A: Yes.  I hate this season. ウン。この季節は大嫌いだよ。  
  風邪や病気は I have ~.で言います。("a"が要るとか要らないとかは気にしないで下さい。) 「かゆい」という言い方も、同じように I have itchy eyes.と言ってもOKです。 また花粉症にはつきものの「鼻水」も、I have a running nose.で言えます。 「くしゃみが止まらない」は、I can't stop sneezing.です。 余談になりますが、この"itchy"という言葉は発音が「イッチー」で、外国人が日本の数字の「1」を覚える時に参考にする単語だそうです。 皆さま、どうぞお大事に。(Please get well.)   ●歩道わきの雪もすっかり溶けて、吉祥寺にも春が来ました。 「シニアの為のMCS英会話スクール」も26年目を迎えます。  ちょっとだけ勇気を出して、まずは無料体験してみませんか?

2014年03月09日 07:34 PM


M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP