お役立ち英会話!吉祥寺駅から徒歩3分!シニアのためのMCS英会話スクール

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > お役立ち英会話

「OK/オーケー」の話《シニア日常英会話》

 今回は、すっかり日本語になってしまっている「OK/オーケー」について書かせて頂きます。

 

 私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様に限らず多くの日本人が、"OK"を前向き("positive")で肯定的な言葉としてとらえているようなのですが、コトはそんなにシンプル("simple")ではありません。前向きにとらえてよいのは、単に"OK"とだけ言う場合に限られます。

 

①Shall  we  go?→OK.  Let's  go. (行きましょうか?→よし、行こう。)

 

 この例では、"OK"は「いいですよ」「わかりました」「了解」のような前向きな意味を持ちます。ところが次のような例ではどうでしょうか?

 

②How  are  you?→I'm  OK. (ご機嫌いかが?→まあまあだよ。)

 

③Do  you  like  sushi?→It's  OK. (お寿司は好き?→まあまあね。)

 

 このように"OK"の前に"I'm""It's"がくっつくと、「良くも悪くもない」「どっちでもない」といった、決して前向きでない中間的なニュアンスになってしまうのです。

 

 私は、当「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様には、「"OK"は日本語の〔いい〕に当たる言葉だと思って下さい。」と説明しています。【ただし「よい・良い」ではない点が大事です。】つまり、明るい顔で強い口調で「いいよ!」と言った時は前向きな同意・了解を示し、顔色を変えずに平坦な口調で「いいよ。」と言った時は「悪くはないね」程度の中間的なニュアンスを示し、しかめっ面で「いいよ。」と言った時には「遠慮しとくよ」的な否定的なニュアンスを表す。こんな、顔つきや言い方次第で180度意味が変わってしまうデリケートな言葉が"OK"なのです。日本語の「結構です。」と似ていますね。

 

④I'm  sorry  I'm  late.→ That's  OK.  Don't  mind. (遅れてごめんなさい。→いいよ。気にしないで。)

 

⑤Would  you  like  a  plastic-bag?→No.  I'm  OK. (レジ袋はご入り用ですか?→いいえ、私は結構です。)

 

 レジ袋の有料化にともなって、最近ではどこの店に行っても⑤のような質問をされますが、多くの人が「いいえ、大丈夫です。」と答えているのを耳にします。考えてみると、この「大丈夫」という言葉も、言い方や場面で180度意味が変わるということがおわかりでしょう。"OK"とは、まさにそういう言葉なのです。

 

※なお、"OK"の語源については諸説入り乱れて、なんと定説がないのだそうです。〈ウィキペディア〉によれば、以下のように説明されています。

 

「歴史上、OK が最初に現れたのは1839年のボストンの新聞で、oll korrectall correct の表記ゆれ)の略語として現れた。OK は新しい単語であるにもかかわらず、急速に広まったため、その語源についてはさまざまな伝説がある。」

 

 おそらく、当初は前向きで肯定的な意味として使われていたものが、急速に大勢の人によって使われるようになる中で、さまざまな意味を持つようになったのではないでしょうか。日本の若者がよく使う「ヤバい」が、当初「まずい・良くない」という意味であったのに最近では「すごい・美味しい」の意味にも使われている現象と似ていると思います。

 


 

A: Do  you  like  sushi?「お役立ち」2020/12月用

     (お寿司は好きかしら?)

 

B: Mm・・・It's  OK.

     (ンー、まあまあね。)

 

A: Is  it  OK  if  I  bring  my  handmade  sushi  to  your  home-party?

     (お宅のホームパーティーに手作りのお寿司を持って行ってもいいかしら?)

 

B: Of  course,  that's  OK!  I'm  sure  my  friends  will  like  it  very  much.

     (もちろんいいわよ!私の友達は、きっととても気に入るわよ。)

 


 

 

私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニア入門クラスで、たまにこんな質問をされることがあります。

"How  are  you?"と聞かれて"(I'm)  fine,  thank  you."と答えることは覚えましたが、いつも元気とは限らないし体調が良くない時もありますよね。そんな時はどのように答えればいいのですか?」と。

 私はいつもこのように答えています。

「そんな時にはただ"I'm  OK."と答えて下さい。もし正直に"No  good."とか"I'm  sick."などと答えると、"What's  the  matter?(どうしたのですか?)"などと聞き返されて会話が大変になってしまいますから、それはもっと勉強してからにしましょう。」

 実際、「まあまあです。」と言われて、「一体どうしたのですか?」と聞いてくる人はまずいないでしょうから。

 

 


2020年12月02日 10:43 PM

「わかる/わかった」《シニア日常英会話》

 今回は、私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様が話す英語の中で、私が常々気になっている「わかる/わかります」「わかった/わかりました」の言い方について考えてみたいと思います。

 

 超有名な"I  see."が「わかります/わかりました」の意味で使われることは今さら言うまでもないと思いますが、シニアに限らず日本人全体に言えることは、私たちは「わかる」と言えば真っ先に"understand"という動詞が浮かんで、これを使おうとしてしまう事です。しかし英語の「わかる」は他にも色々ありますので、以下に紹介していきましょう。

 

(1)know

 もともとは「知っている」ですが、「わかる」の意味でよく使われます。特に否定文の"I  don't  know."で「わかりません」の意味に使われる場合が多いです

 

①Do  you  have  time  tomorrow?→I  don't  know. (明日時間ある?→わからないわ。)

 

②I  didn't  know  what  to  do. (どうしたらいいのかわからなかった。)

 

③I  know  what  you  mean. (あなたの言いたい事はわかります。)

 

 ①の例で、"I  don't  know."だと少しぶっきらぼうになるのでは?と不安に感じる方には、"I  have  no  idea."を使う事をお勧めします。(別に失礼ではありませんが・・・)

 

()understand 

 もともとは「理解する」で、"know"よりも少し複雑で深い事が対象になります

 

④I  don't  understand  the  question. (その質問の意味がわかりません。)

 

⑤Thank  you  for  understanding  me. (僕のことをわかってくれてありがとう。)

 

 「わかりました(理解しました)」の意味で使う事もありますが、その場合は"I  understood."と過去形にはしません。

 

(3)find

 もともとは「見つける・発見する」の意味で、「・・・・という事がわかる」の意味でよく使われます

 

⑥I  found  the  battery  was  dead. (電池が切れているという事がわかった。)

 

⑦I  found  she  lived  near  my  house. (彼女が近所に住んでいるという事がわかった。)

 

⑧I  found  I  had  mistaken  the  train. (電車を乗り間違えたという事がわかった。)

 

 ⑥の文をもし"know"の過去形の"knew"で言うと、「~事を知った」でなく、「~事を知っていた」となってしまい主旨が全く変わってしまいます。「~事を知った」と言いたい場合は、"I  found ~ ."をぜひとも使って下さい

 また、⑧の文のように「~だった事がわかった」と言いたい場合、つまり「それ以前に起こっていた事がその時わかった」状況の場合には、"I  mistook"〔過去形〕ではなく"I  had  mistaken"〔過去完了形/大過去〕にします【時制の一致】

 

()learn

 もともとは「学ぶ・習う」の意味で、「経験・学習によって/人から聞いて・・・・という事がわかる」意味で使われます

 

⑨I  learned  how  to  use  the  new  application. (その新しいアプリの使い方がわかった。)

 

⑩ You  will  learn  haiku  is  very  deep. (俳句はとても深いものだという事がわかるでしょう。)

 

 この"learn""find"とほぼ同じに使ってよいと思います。

 


「お役立ち」2020/11月用

 

A: What  are  your  plans  for  next  weekend?

     (来週の週末の予定はどうなってる?)

 

B: I  don't  know. 〔= I  have  no  idea.〕

     (わからないわ。)

「お役立ち」2020/11月用

 

A: Shall  we  go  to  Kamakura  to  see  autumn-red-leaves?

     I  found  we  could  get  there  only  in  1  hour  from  Nishi-Kokubunji.

     (紅葉を見に鎌倉へ行かない?

  西国分寺からたった1時間で行けるってことがわかったの。)

 

B: Sounds  good.  OK,  I'll  check  my  schedule-book. 

     (いいわね。わかった、手帳を見てみるわ。) 

 


 まもなく紅葉も真っ盛りの季節を迎えます。東京発の「GO  TO  トラベル」も解禁されて、私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」の生徒様の間でも国内旅行の話題が飛び交うようになってきました。

西国分寺~鎌倉間を短時間で結ぶ(正確には1時間5分)電車は「ホリデー快速鎌倉」です。知る人ぞ知るこの特別電車は、地図に載っていない貨物線を走行します。土日のみ1日1往復で、途中はトンネルばかりの珍しい電車です。

 私もこれに乗って鎌倉に行ってみようと計画中です。

 


2020年11月09日 10:22 PM

「久しぶりに~」《シニア日常英会話》

 今回は「久しぶりに」という言い方を取り上げてみたいと思います。

 

 私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」の生徒様はシニアの方ばかりです。シニアの方々は大変まじめ、というか優等生的な人ばかりで、新型コロナウィルスの影響で外出自粛が奨励されて以来、遠出や外食をしっかりと控えていらっしゃいます。(もっとも、吉祥寺は皆さんにとって「庭」みたいなものですから例外ですが。) そんな中で、この1~2ヶ月になってようやく「久しぶりに○○に行きました。/○○しました。」という話題が聞かれるようになってきました。

 

 ところが、この「久しぶり」という言い方は案外英語で言いにくいものです。以下にそれっぽい英文を紹介してみましょう。

 

 

①Long  time  no  see. (長いこと会っていませんね。→久しぶりですね。)

 

  ◆有名なカジュアル表現で、電話やメールで「ご無沙汰してます。」と言う時や、久しぶりに再会した時に使います。これをもう少し正式な英語で言うと、

 

②I  haven't  seen  you  for  a  long  time. となります。

 

 

 

 これを「行く」で言い直してみると、

 

③I  haven't  been  to  Ginza  for  a  long  time. (長いこと銀座に行っていない。→銀座に行くのは久しぶりだ。)

となります。【残念ながら"Long  time  no  go  to  Ginza." とは言いません。】

 

 

 さらに続けましょう。

 

④It  has (=It's)  been  a  long  time  since  we  met  last./ I  went  to  Ginza  last.

(前に私たちが会って以来/前に私が銀座に行って以来、長い時間になる。→私たちが会うのは/私が銀座に行くのは、久しぶりです。)

 

  ◆"a  long  time"の部分を"3  years"に言いかえれば「3年ぶり」になります。

 

⑤The  last  time  I  went  to  Ginza  was  a  long  time  ago./3  years  ago.

(前に銀座に行ったのはずいぶん前/3年前の事だ。→銀座に行くのは久しぶりだ(だった)。/3年ぶりだ(だった)。)

 

  ◆これは④とほとんど同じ意味ですね。

 

 

 以上の言い方は、①を除いて、取っつきにくかったり、苦手な《現在完了形》を使ったりで、私としてはあまりお勧めできません。そこで私からのお勧めを2つご紹介します。

 

⑥I  went  to  Ginza  after  a  long  time. / after  3  years. (久しぶりに/3年ぶりに銀座に行った。) 

 

⑦I  went  to  Ginza  for  the  first  time  in  a  long  time./3 years. (久しぶりに/3年ぶりに銀座に行った。)

 

 この2文の方が「久しぶりに~した。」という、よく使う文脈に合致していますし、抵抗なく言えるのではないでしょうか。【⑥と⑦を比べると、⑦の方がより正確ですが、負担の少ない⑥で構わないと私は思います。なお、⑥の"3 years"を"3 years'  absence"とする言い方もあります。ご参考までに。】

 


 

 

A: I  went  to  Ginza  for  the  first  time  in  a  long  time.

     (久しぶりに銀座に行きました。)

 

B: Good.  Did  you  do  shopping  or  meet  your  friend?

     (よかったですね。お買い物「お役立ち」2020/10月用とかお友達に会ったりしたのですか?)

 

A: Both.  I  enjoyed  shopping  with  my  friend.

     (両方です。お友達とお買い物を楽しみました。)

 

B: When  did  you  meet  her  last?

     (最後に彼女に会ったのはいつですか?)

 

A: Maybe,  the  last  time  I  met  her  was  2  years  ago.  

     (もしかすると、最後にあったのは2年前かもしれません。)

 


 

 ウイルスの感染が少しでも早く収束して、シニアの皆さんが持ち前の行動力を発揮できる日が、一日も早く来ますように。


2020年10月04日 03:06 PM

「アレンジする」《シニア日常英会話》

 今回は、今やすっかり日本語になってしまっている「アレンジする」という言葉を取り上げてみたいと思います。私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様たちもよく口にされる単語です。

 "arrange"は動詞で「アインジ」のように発音しますが、大体以下の3つの意味を持っています。例文と一緒に見ていきましょう。

 

(1)整理する・配列する

 

①I  arranged  the  food  in  the  fridge. (私は冷蔵庫の中の食料品を整理した。)

 

②She  arranged  flowers  in  the  big  vase. (彼女は大きな花瓶に花を生けた。)

 

 「並べ替えたり整頓したりする」という意味です。そういえば「生け花・華道」のことを"flower-arrangement"と言いますね。

 

(2)手配する・お膳立てする

 

③I  will  arrange  the  meeting  with  Mr. Brown. (ブラウン氏との会合をお膳立てしましょう。)

 

④Could  you  arrange  a  taxi  to  go  to  the  airport? (空港に行くタクシーを手配して頂けますか?)

 

 パーティーや飲み会を「お膳立てする」の意味で、「幹事」のことは"arranger"と言います。

 

(3)編曲する

 

⑤He  arranged  the  song  for  the  piano. (彼はその曲をピアノ用に編曲した。)

 

 

◆さて、ここまで見てきて「おやっ?」と思った方も多いはず。シニアの方に限らず私たちが日頃一番よく使っている、「ある物に手を加えて変化させる」とか「ある物の一部を変えて構成し直す」といった使い方が上の3つには入っていませんね。料理のレシピ("recipe")によく使われる、あの「アレンジ」です。

 

 実はこの意味の「アレンジする」は意外なことに完全な和製英語なのです。おそらく(3)の「編曲する」から派生したのだと思いますが、もし"arrange  the  food"などと言ってしまうと、「食べ物を整理する」と解釈されてしまいます。では正しくは何といえばいいのか?

 

⑥I  added  a  Japanese  touch  to  the  food. (私はその料理に和風のアレンジを加えた。)

 

⑦It's  my  own  version  of  boiled-tuna. (それはマグロの煮物に私独自のアレンジを加えた物です。)

 

 "arrange"を使っていないのに和訳に「アレンジ」を入れるのは変だと思われる方は、「ひと手間・ひと味・風味」と訳せばいいと思います。まさに"touch"はその意味です。また"version"は、有名な「バージョン」で「版」の意味です。つまり"my  own  version"は「私(独自)版」なわけですね。

 

◎なお、参考までに"fusion-food"という最近の英語もご紹介しましょう。"fusion"というのは「融合」という意味の言葉で、色々な国の料理や食材を取り合わせて新しく創作された料理、つまりは「創作料理」と訳してもいいと思います。アボガドを使ったお寿司「カリフォルニアロール」などがまさにこれにあたりますね。

 


 

A: I  hope  you  will  like  my  home-made  pasta.

     (私の自家製パスタ、お口に合えばいいけど。)

「お役立ち」2020/9月用

 

B: Wow,  it's  amazing!   It  has  interesting  taste.

     (わあ~、すごく美味しいわ。面白い味ね。)

 

A: I  added  my  own  special  touch  to  the  sauce.

     (ソースに私なりの特別なアレンジを加えたの。)

 

B: Great!  It's  Ayumi  version  of  seafood-pasta.

     You  can  open  a  restaurant!

(すごいわ!アユミ風特製シーフードパスタね。レストラン開けるわよ。)

 


 

 

 シーフードパスタといえば、昨年の3月に行ったローマのレストランで食べたシーフードパスタの味が忘れられません。私のイタリア語の発音が悪かったのか、お店の人の勘違いなのか、同じ物が2つ来てしまったのには面食らいましたが、あれはこれまでの人生で最高のパスタでした。

 自由に海外旅行ができるようになったら、ぜひまたあのパスタを食べに行きます!シニアの皆様も、海外旅行を目標にがんばりましょう!

 

 

 


2020年09月02日 10:43 PM

「go to トラベル」《シニア日常英会話》

 何かと物議をかもしている「"Go To トラベル"キャンペーン」。今回はこれを取り上げてみたいと思います。

 

 まず、この"go to travel"という言い方は、英語としては明らかに誤りであるという事を指摘させて頂きます。私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様たちは旅行が大好きです。(もっとも、この数ヶ月は見事に自粛していらっしゃいますが・・・)旅の翌週には、皆さん必ず"I went to travel ・・・・."と話して下さるのですが、正しくは"I went on a trip ・・・・."と言います。なぜ"on a"なの?と言われても困ってしまうのですが、今回の「キャンペーン」のせいで間違い英語がますます定着してしまいそうな事を危惧しています。【ただし、"I went to travel "でも絶対に通じますから大した問題ではないのかも】

 

★初めに、「旅行」〔名詞〕といっても色々な英語があることをご紹介しましょう。

 

trip・・・・・最も一般的な「旅行」を指す語。期間も日帰り~数週間程度と幅広く、私たちが一番普通に使える単語。時には数時間の移動にも使う

 

 ◆I often go on a trip to Kyoto alone. (私はよく京都に一人で旅行します。)

 

※この例では、"I have a trip.""I make a trip."と言う事もできます。

 

 ◆It's a long trip from Kichijoji to Kamakura. (吉祥寺から鎌倉までは遠い。)

 

 なお、"trip"はあくまで〔名詞〕として使います。(しかも数えられる名詞なので"a"まで付いてしまいます。)ですから、"I trip to Kyoto."とは言えません。

 また「1泊旅行」や「2泊3日の旅行」の場合には、"a one-day trip""a 2-night trip"に変えればOKです。

 

travel・・・・・期間の長い、遠い場所への「長期旅行」

 

 「旅行」といえば真っ先に浮かぶ英語なのですが、長くても一週間~10日程度の旅行がメインの私たちには縁がない言葉でしょう。〔名詞〕としてでなく〔動詞〕として使うのであれば期間や場所のことを気にせずに使えます

 

 ◆I like traveling abroad./traveling to foreign countries. (私は海外旅行が好きです。)

 

 ◆He traveled in Europe with his family. (彼は家族とヨーロッパを旅行した。)

 

※動詞としての"travel""~ing"を付けて動名詞に変えれば、「~する事」というように名詞のように使えます。なお、"trip"のように"I go on a travel."とは言いません。

(参考までに、"travelled""travelling"のように"l"を重ねるのはイギリス式です。)

 

tour・・・・・ある場所から出発してまた戻ってくる「周遊旅行・見学旅行」

 

 ◆I joined a group-tour to South France. (私は南フランスへの団体旅行に参加した。)

 

 ◆Please  give us a house-tour. (私たちにお家の中を案内して下さい。)

 

※引っ越しした時に、その家の中を案内する事を"house-tour"と言います。

 

journey・・・・・"travel"よりも長く、時として苦労も伴う「長旅」

 

 ◆Life is a journey. (人生は旅である。)

 

 

というわけで、結論としては"go(went) on a trip"と、動詞としての"travel"を知っておけば十分だと私は思います

 


 

 

A: What's your plan for this summer-vacation?

     (この夏休みの予定は?)「お役立ち」2020/8月用

 

B: I have no special plan. How about you?

     (特別な予定はないけど。あなたはどう?)

 

A: I'm going on a one-night trip to a nearby hot-spring resort.

     (私は近くにある温泉に一泊旅行に行くのよ。)

 

B: You mean going to Hakone?

     (箱根に行くっていうこと?)

 

A: No. There is a quaint inn with natural hot-spring baths in Oume.

     (いいえ。青梅に、趣のある天然温泉宿があるのよ。)

 


"quaint"は「古風で趣のある」という意味の形容詞です。

※青梅にある天然温泉は「岩倉温泉」といいます。私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」 のあるシニアの生徒様がよく行かれる場所で、遠出のしづらい昨今、人気スポットになっているそうです。

 


2020年08月02日 01:16 PM


M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP