日々雑感(ブログ)|吉祥寺から徒歩3分!シニア&初心者のためのゆっくり英会話教室

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話 見学随時受付中!

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > 日々雑感(ブログ)

とってもクールな「大谷資料館」

2017/06/25日々雑感用 晴天に恵まれた今月のとある週末に、宇都宮へ行ってきました。最初の目的地は、宇都宮駅からバスで30分の「大谷(おおや)資料館」。この辺り一帯の山地はすべて大谷石(火山岩の一種。凝灰岩。)で形成されていて、大昔から石切場(stone-pit)になっていました。もちろん今でも採石されていますが、採石の終わった地下の大空間を一般に公開しているのです。

 地下30mのところに広がる20000㎡の大空間は、まるで夜のギリシア神殿のようで、非日常的感覚を満喫するにはもってこいの雰囲気(atomosphere)。この非日常性と音響の良さから、数多くの映画・ドラマの撮影やコンサートにも使われているとか。その日は気温が31度でしたが、地下空洞内の気温は9度で、入って10分過ぎた頃からは「涼しい(cool)」を通り越して「寒い(cold)」くらいでした。

2017/06/25日々雑感用 予想外だったのは、晴天の土曜日だというのに混んでいないということでした。来場者は子供連れからシニアグループまでさまざまでしたが、待ち時間はゼロ。そして外国人旅行者も皆無でした。近くに日光があるので、みんなそちらに行ってしまうのでしょうか?いずれにしても、こんなに面白いスポットがすいている中で見られるのはラッキーです。ただ、最近テレビ等で紹介される機会が増えているので、混み始めるのは時間の問題かもしれません。

 

 

2017/06/25日々雑感用 さて、上で「最初の目的地」と書きましたが、二つ目の目的地は「大谷資料館」のすぐ近くにありました。こちらは「大谷寺(おおやじ)」という坂東三十三観音霊場の第19番札所にもなっているお寺です。こちらも大谷石をくりぬいて作られた洞窟寺院で、本堂奥には「日本のバーミアン」とも呼ばれる観音様が岩肌に掘られています。こちらのスポットも圧巻で、「大谷資料館」に行くのならぜひ立ち寄って頂きたいと思います。

 

(ちなみに宇都宮では有名な餃子を食べましたが、吉祥寺で食べる餃子も十分おいしい、というのが私の実感でした。)

 


2017年06月25日 02:28 PM

吉祥寺に「象のはな子」像完成!

 ニュース等で報道されましたのでご存知の方も多いと思いますが、ゴールデンウィーク中の5月5日、中央線吉祥寺駅前・北口ロータリーに、昨年5月に亡くなった井の頭動物園の名物象・はな子の銅像が除幕されました。69歳まで生きた国内最高齢の「超・シニア象」でしたが、亡くなる前は私もよく見に行っていました。

 私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアクラスでもたまに話題に上っていた、存在感のあった「はな子」。完成した銅像を見に行かれたシニアの生徒様たちは、口々に「実物大かと思ったら、以外に小さい銅像だったわ。」と言っておられましたが、今日初めて見に行った私は、「実物大だったらちょっとコワイだろうな・・・」と感じました。私も、誠にささやかながら《銅像設置募金》に寄付をさせて頂きましたが、これからも「はな子」が吉祥寺の町に静かに生き続ける事を祈っています。

 

※中央線沿線とか、吉祥寺・三鷹周辺以外にお住まいの方にはわかって頂けないローカルネタでどうもすみません。

日々雑感2017/05/23用

 


 

★【後日談として】

 「ゾウのはな子の銅像がなぜ実物大で作られなかったのか?」に関しまして、先日「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアクラスのレッスンで、大変貴重なお話を生徒様から伺うことができました。

 銅像建立の企画にかかわっておられた生徒のF様によれば、「この銅像は、はな子が昭和29年に上野動物園から井の頭自然文化園にやって来た時の、当時まだ子象だったはな子のサイズで作られた」のだそうです。なるほど!

 F様、興味深い貴重な情報をどうもありがとうございます。


2017年05月23日 11:21 PM

シニアのゴールデンウィークの過ごし方

 ゴールデンウィークも終わりましたね。(“Golden-Week is over.”と言います。)

 明日からの各シニアクラスで私が聞くことになる質問が、

How was your Golden-Week?”  (あなたのゴールデンウイークはどうでしたか?) もしくは、

“How did you spend your Golden-Week?”(あなたはゴールデンウイークをどのように過ごしましたか?)です。

 でも皆様の答えを聞くまでもありません。なぜならほぼ全員が

“I did nothing special.”(特別なことは何もしませんでした。) または、

“I stayed (at) home every day.”(私は毎日家にいました。)だからです。

 それでは、答えがわかっていてもなぜ聞くのか?それは、このような機会に“How was ~?”“spend”“did nothing”などの使い方を紹介・おさらいしたいからなのです。“How was ~?”“spend”については当MCS英会話スクールのブログ「お役立ち英会話」をご参照頂くとして、“I did nothing”は皆様がよく間違える表現で注意が必要です。

 ”nothing”を使う時には必ず肯定文にして下さい。つまり、意味が否定文だからといって“I didn’t”してはいけないということです。よく“I have no money.”と言いますね。これは“no money”だから“I have”でいいのです。もし“I don’t have no money.”だったらおかしな意味になってしまいます。“nothing”もこれと同じです。

 

 そういえば吉祥寺もこの連休中、子連れやカップルであふれていても、シニアの姿は普段の半分以下でした。そう、シニアは賢いわけです。シニアの皆さんは、わざわざ混雑しているゴールデンウィークに外出しません。これはお盆休みや年末年始にしても同様です。それでも私は必ず上のような質問を皆様にしています。英会話はとにかく反復・くりかえしが大切ですから。

 ところで私はこのゴールデンウイークをどのように過ごしたか?その答えは、

“I went walking and visited some temples and shrines. Golden-Week is a very good chance for me to reset my mind.”


2017年05月07日 05:09 PM

「トランプ」(trump)の意味

 アメリカの大統領ミスター・トランプ(Mr.Trump)が4月29日に就任100日を迎えるそうです。さすがに最近では、当・吉祥寺MCS英会話スクールのシニアの生徒様の口からトランプ氏の話題が飛び出すことは減ってきましたが、彼の存在感は相変わらず他を圧倒していますね。今日は、就任100日にちなんで、“trump”という英単語について書かせて頂きます。

 “trump”はあのカードゲームの「トランプ」と同じスペルです。ところが意味は大違い。ゲームの「トランプ」は英語で“cards”といい、「トランプをする」は“play cards”といいます。一方、本来の“trump”は「切り札・奥の手」という意味で、“play a trump”といえば「切り札を切る/奥の手を使う」の意味になります。ですから「私達は楽しくトランプをした。」を“We enjoyed playing a trump.”と言うとまずいことになってしまいます。

 さらに“trump”には動詞もあって、意味は「切り札で勝つ/やっつける」です。そういえば、トランプ大統領の反移民政策に対して、“Love trumps hate.”と書かれたプラカードやTシャツをテレビニュースで見かけました。これは、「愛はヘイト(憎しみ)をやっつける/憎しみに勝つ」という意味なのです。

 芸名やペンネームでないその人の本名の苗字(last nameまたはfamily nameと言います)が、別の英単語になる例はよくありますが、ほとんどの場合は名詞で、動詞になる例は多くないと思います。

 果たしてトランプ氏はアメリカの「切り札」となる偉大な大統領になるでしょうか。その答えが出るのは、まだまだ先のことです。 


2017年04月26日 11:47 PM

活字体?筆記体?

 今回は、当・吉祥寺MCS英会話スクールのシニアの生徒様から頻繁に受ける、「ちょっと意外な質問」についてお話ししてみます。

 「堀場先生は黒板に活字体で書いていらっしゃいますけど、私達は活字体・筆記体のどちらで書いたらいいんでしょうか?」というご質問を受ける事が結構頻繁にあります。最初の頃は特に気にとめていなかったのですが、あまりにもよく聞かれるので私自身のことを振り返って考えてみました。

 私は中学1年生の時に活字体をまず習って、その後筆記体を習いました。個人的には活字体の方が好きだったのですが、周りの皆と同じようにいつの間にか筆記体を使うようになりました。先生も黒板には筆記体で書いていましたし、おそらくほとんどの人が深く考えずに筆記体を使う方がいいと思ったのだと思います。

 ところが、高校生になったある日「外国人のほとんどは筆記体を使わない」という事を何かで知って、それからは憑き物が落ちたように活字体を進んで使うようになりました。どうやら年齢が高いほど筆記体を使う傾向が強いようで、最近の若い人で筆記体を使っている人は皆無に等しいように思います。ましてやパソコンやスマートフォンと一緒に育った世代ならなおさらでしょう。この質問は「シニアならではの質問」なのかもしれませんね。(ちなみに、私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」では、シニアの生徒様の6割くらいが筆記体です。)

 ところでこの質問に対する私からの答えですが、「もし筆記体になれているのならそれで構いませんが、どちらも同じであれば絶対に活字体をお勧めします。」とお伝えしています。実際、筆記体と活字体の筆記スピードはほとんど変わらないというデータもありますし、何より、日本語学校で外国の生徒に行書体や草書体を教えているところなんか皆無でしょうから。

 それにしても、あの当時の学校の英語の先生達は、なぜネイティブの人たちの現実を無視して読みにくい筆記体を教えようとしていたのでしょうか?非常に不思議でなりません。(私と同じ意見の人は沢山いると思います。)


2017年04月21日 12:50 AM


M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP