日々雑感(ブログ)|吉祥寺から徒歩3分!シニア&初心者のためのゆっくり英会話教室

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話 見学随時受付中!

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > 日々雑感(ブログ)

インターナショナル 台湾!

 新年あけましておめでとうございます。

 

 成人の日の配置でお正月休みが例年よりも長く取れたため、台湾へ旅行してきました。台湾へは12年前に行ってから2度目の訪問でした。12年前と比べて大きく変わった点は、日本人以外の主として西洋人旅行者が増えたこと。一説によると、台北エリアよりも、南の方にある台南・高雄エリアの方がヨーロッパやアメリカからの旅行者には人気だとか。確かに台湾の新幹線「高鉄」の台北駅では、大勢の団体(?)を見かけました。

 

 台湾では、英語の話せる人が若者を中心に結構いる事と、日本と同じ漢字を使っている事で、コミュニケーションが比較的楽にとれます。店先などで店員さんに英語で質問して、その店員が英語がわからないときなど、通りかかった人が通訳してくれたりもする親切な国民性です。私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様達に、「フリーの海外旅行に初めてチャレンジするなら、まずは台湾!」と、私もお勧めしています。そういえば台北市では「英会話スクール」とおぼしき看板も時折見かけました。

 

 今回は台中までしか行けませんでしたが、3度目の旅行は台南・高雄まで是非とも足を伸ばしてみたいです。

 

「日々雑感2018/1月」「日々雑感2018/1月」


2018年01月09日 11:31 PM

今日は冬至 「冬至」は英語で?

 今日12月22日(金)は冬至です。英語では「冬至」のことを“the winter solstice”と言います。「夏至」なら“the summer solstice”です。ただ、これは取っつきにくい専門用語で、なかなか覚える気になりませんね。そこで、正式でなくてももっと親しみやすい言い方を紹介すると、“the shortest day”  “the longest day”。確かに「最も日の短い日」と「最も日の長い日」なわけですから、これならわかりやすいですね。

 ところでこの「冬至」ですが、クリスマスと密接な関係にあるってご存知でしたか?実はイエス・キリストの誕生日は文献などには一切書かれておらず、本当は定かではないそうです。ではなぜ12月25日ということになったのか?

 その昔、世界最大でヨーロッパの中心であったローマ帝国では、人々は太陽を崇めていたのだそうです。そうなると冬至は一年の内で太陽の力が最も弱くなる日ですから忌み嫌われていました。(ローマ帝国は北半球にありましたから。)そしてその次の日からは、再び太陽の力が増していきます。そこで冬至を過ぎた頃に太陽の復活を祝ってお祭りをしていたのだそうです。そのお祭りの日が12月25日頃だった事から、いつの間にかキリスト教とミックスされていく内にその日がイエス・キリストの誕生日ということになってしまったそうなのです。また一方で、「一年の内で太陽の力が最も弱くなる」冬至の時期でも葉を落とさず、青々と茂っているもみの木に聖なる生命力を感じたところから、クリスマスツリーも登場したのだとか。

 そういえば、冬至にはゆず湯とカボチャ。私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様の中には、そうした古式ゆかしい風習をキチンと実行していらっしゃる方が案外多いようです。シニアのはしくれである私の家でもやっています。


2017年12月22日 12:11 AM

都庁展望室

 私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様の話題に上ることが多い「東京都庁ビル」の展望室へ、遅ればせながら行ってみました。土曜日の午前10時前とあって、さすがにシニア層の方々は少なめでしたが、やはりここも外国人旅行者のメッカとなっていました。やはり入場無料は魅力です!

 「展望台」を英語で言うと”observatory”です。”south-observatory”(南展望室)と”north-observatory”(北展望室)があって、どちらも待ち時間は無し。この日は晴天で、東に富士山、西に東京スカイツリーがスッキリ望める好条件でした。富士山をバックに写真を撮るインターナショナルな人達に交じって、私もしばし日本ではないような雰囲気を味わってきました。吉祥寺も見つけることができました。

“I enjoyed wonderful views from the observatory!”(私は展望台から素晴らしい景色を満喫しました。)

“I could see Mt.Fuji clearly.”(私は富士山をきれいに見ることができました。)

「日々雑感」2017/11/26「日々雑感」2017/11/26

 


2017年12月03日 09:25 AM

インターナショナル!「小石川後楽園」

 「東京町歩き」が趣味の私が行き残していた《小石川後楽園》に、ついに行きました。紅葉はまだそれほどでもありませんでしたが、木によっては鮮やかな赤色が陽に映えてきれいでした。

 驚いたのは、来訪者の半分くらいが外国人、それもフィリピン・タイ・台湾・中国などのアジア系の旅行者だったことです。もちろんアメリカ系・ヨーロッパ系の人も多く見かけましたが、どこへ行っても主流を占めるシニア女性達も目立たなかったほど。彼等は思い思いに、色づいた木々にカメラを向けていました。以前、アメリカ人だったかイギリス人だったかの友達に、「僕達は紅葉を愛でる習慣はないよ。」と言われたことがあるのですが、アジアの国々ではどうなのでしょうか?もっとも暑い国では紅葉は見られないでしょうけれど。

 私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様も、この季節になると「紅葉狩り」の話題をよくされますが、「紅葉」は英語では“autumn-color(ed) leaves”と表現する事をお勧めしています。“red-color(ed)”だと赤色に限定されてしまって、赤・黄・橙・茶色などさまざまな色を味わう私達の感性にはそぐわないからです。

小石川後楽園b 小石川後楽園c 小石川後楽園a


2017年11月26日 01:56 PM

外国人のための「やさしい日本語」

 先日NHKニュースで「外国人のためのやさしい日本語」という話が紹介されていました。これは、急増している外国人旅行者や日本で暮らしている外国人のために、私達が日常使う日本語、特にニュースや接客などに使われる言葉をやさしく言いかえるという動きです。ポイントは、以下の3つでした。

 

①漢字の熟語はなるべく使わないようにする

②ひとつの文を短くする

③敬語もなるべく避ける

 

 例えば、「高齢化社会が到来している」→「お年寄りが増えている」

「警察署に運転免許の更新に行きました。」→「警察署に行きました。そして新しい運転免許証をもらいました。」

「よろしかったらご試食してみて下さい。」→「食べてみて。」という具合です。

 

 そこで私が感じたのは、「シニアに限らず私達日本人も、この事を英会話に応用するべきである!」ということです。英語には敬語が存在しませんので(ただし丁寧な言い方はあります)③はともかくとしても、②は私が常々「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様に助言している大切なポイントです。例をあげてみましょう。

 

A. I went to Kichijoji to have lunch with my friends.I went to Kichijoji.  I had lunch with my friends.

 

B. How can I get to the station?I want to go to the station.

 

C. Could you help me?Please help me.

 

  確かに、青い字で書いた方の表現の方がカッコいいのですが、「発音の苦手な日本人にとっては短くてシンプルな言い方の方が相手に伝わる」というメリットがあります。

 今後、日本を訪れたり日本で暮らす外国人が増えれば増えるほど、日本語もやさしくシンプルなものへと変化していくと考えられます。私を含め特にシニアの方にとっては、敬語や日本語独特の美しい言い回しが消滅していくことは危機感を覚えてしまう現象だと思いますが、これはある意味言語の宿命なのではないでしょうか。そしてその危機感に最もさらされているのが、国際語と言われる英語なのです。

 


2017年11月08日 10:58 PM


M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP