お役立ち英会話!吉祥寺駅から徒歩3分!シニアのためのMCS英会話スクール

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > お役立ち英会話

「~した方がよい/~するべきだ」”should”の話《シニア英会話教養講座》

 先日3月28日付けのブログ「日々雑感」で、"You  must  stay  home."の話を取り上げました。これは、イギリスのボリス・ジョンソン首相が国民に外出自粛を呼びかけたときの演説の中の一文でしたが、私はそこで「"must"は【~しなければならない】という意味ですが、"have  to"と少し違って「他人からの強制力が込められた命令的なニュアンスを帯びる」という説明をさせて頂きました。つまり、"must"は押しつけがましく聞こえるので、日常の会話では"have  to"をメインに使えばよいという主旨の話だったわけです。

 

 今回は、その事とも関連した"should"のお話をしたいと思います。私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの(中級以上のクラスの)生徒様からよく頂く質問があります。「"should"は【~するべきだ】と学生時代に習いましたが、【~した方がよい】の"had  better"で言ってもいいのですか?」というものです。

 

 確かに私の記憶でも、中学・高校時代に「"should"は【~するべきだ】の意味で、"had  better"は【~した方がよい】の意味」だと教えられました。そして何となく、"had  better"の方が"should"よりも柔らかく伝わるイメージを持っていたものです。ところが、ネイティブの友人からのアドバイスや、最近の文法書の説明によって、"had  better"は相手にプレッシャーをかけてしまう結構強い意味の言い方だということがわかりました。イメージは真逆だったのです。

 

 例えばの話ですが、刑事が取調室で容疑者に向かって「おい、全部正直にしゃべった方がいいぞ。(でないとブタ箱行きになるぞ)」と言う時のような少し脅しめいたニュアンスが"had  better"にはある、と思ってもいいかもしれません。それと同時に、"should"こそが私たちの言う【~した方がよい】に一番近い言い方だということもわかってきました。

 

★そこで結論です。"should"は【~するべきだ】だけでなく【~した方がよい】の意味もちゃんと持っています。"had  better"はこの際忘れて下さい。そして"should"を柔らかく伝えたいときには、"I  think"を前に付けて下さい

 

◆You  must  stay  home.  (あなたは家に居なくてはなりません〔これは私からの要請です〕。)

 

◆You  had  better  stay  home.  (あなたは家に居た方がよい〔でないと後で困りますよ〕。)

 

◆You  should  stay  home.  (あなたは家に居た方がいい〔これは私からのアドバイスです〕。)

 

◆I  think  you  should  stay  home.  (あなたは家に居た方がいいと思いますよ。)

 


 

 

A: Can  you  go  shopping  for  some  food  today?

     (今日、食料品のお買い物に行っ「お役立ち」2020/6月用てもらえるかしら?)

 

B: OK.  I  will  go  after  work  about  4:00.  Make  the  shopping-list.

     (いいよ。仕事の後で4時頃行くよ。リスト作っといて。)

 

A: All  right.  But  you  shouldn't  go  so  late.

     (わかったわ。でも、そんなに遅い時間には行くべきじゃないわ。)

 

B: Why?  I  have  an  online-meeting  from  2:00.

     (どうして?2時からオンライン会議があるんだよ。)

 

A: In  that  case,  you  should  go  just  after  lunch.

     Because  supermarkets  are  not  crowded  when  people  are  full. 

     (それだったら、お昼ご飯のすぐ後に行った方がいいわ。

  だって、みんなが満腹の時は、スーパーは混んでいないでしょ。)

 


 

 

 私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」では、4月・5月のレッスンをすべて休講とし、いくつかのシニアクラスの皆様とオンラインレッスンをさせて頂きました。とはいえ、退屈と戦う日々でした。そして、その間の買い物や食器洗いなどの家事手伝いは、とても良い気分転換になりました。

 6月1日から、マスクの着用・部屋の喚起と消毒を徹底した上で、通常レッスンを再開いたします。シニアの皆様、ご自分のご判断によって、出席できる方はぜひお越し下さい。


2020年06月02日 12:58 AM

“social-distance”(ソーシャル・ディスタンス) 《シニア英会話教養講座》

 今回の「新型コロナウィルス」の問題は、さまざまな《ヨコ文字言葉》を私たちにふりまいていますね。先月の「シニアお役立ち英会話」の記事でも、「ロックダウン」「クラスター」「オーバーシュート」「テレワーク」等の用語を紹介しましたが、今また「ソーシャル・ディスタンス"social-distance"」という言葉が話題となっています。

 

 "social-distance"は「社会的な距離」と訳され、「感染を防ぐために人と人との距離を保つ」ための一種のスローガンとして登場した言葉ですが、厳密に言うとこれは"social-distancing""~ing"形で言うべき言葉のようです。

 

 "~ing"のついていない"social-distance"は、本来社会学の用語で、「個人と個人の間や、集団と集団の間の距離感・親近感とか、場合によっては敵対感といった感情のレベルでの親近性の程度を表すための物差し」として使われるようです。例えば日本語で、「あの人達とは距離を置いた方がよい」というような言い方をしますが、まさにこれに当たるわけです。

 

They  are  keeping  a  (social-)distance  from  us.

(彼らは私たちとは(社会的な)距離を置いている。)

 

 このような差別的な意味合いにも使われかねない"social-distance"と区別するために、今回の案件では"social-distancing"を使う方が望ましいと思います。現に海外のメディアではほぼ例外なく"social-distancing"の方を使っています。

 日本人は《ヨコ文字言葉》を取り入れる天才ですが、時として勘違いした意味で解釈してしまったり、元の言葉を勝手に短縮・省略してしまったりする悪い癖がありますから、気をつけるべきでしょう。もっとも「コロナ騒ぎ」がここまで全世界的("global")になってしまった今、"~ing"を付けなかったからといって誤解されることはないと思いますが。


 

 

A: Will  you  stay  home  in  this  5-day  weekend?

     (ゴールデンウィーク中は家にいるの?)

「お役立ち」2020/5月用

 

B: Of  course. I  will  do  nothing  special  but  walking.

     (もちろん。ウォーキング以外は特に何もする事はないわよ。)

 

A: Do  you  go  walking  with  your  husband?

     (ご主人と一緒にウォーキングに行くの?)

 

B: No.  Of  course,  alone.  You  know,  "social-distancing"!

     (いいえ、もちろん一人よ。ほら、「ソーシャル・ディスタンス」ってね。)

 

A: Oh,  but  he  is  your  husband,  not  a  stranger.

     (あら、だけどあなたのご主人じゃない。見知らぬ他人じゃないのよ。)

 

B: Yes.  But  I  think  this  is  good  practice  for  our  lives  after  his  retirement.

     (そうよ。でもこれは、彼の定年後の二人の生活のための、良い練習だわ。)

 


 

 

◎「ゴールデンウィーク」は、英語で色々な言い方が考えられますが、"5  consecutive  holidays"(5日間の連続した休日)というようなカタい言い方でなく、上のような言い方でいいと思います。

 

    


2020年05月01日 12:30 PM

「ロックダウン」「クラスター」「オーバーシュート」「テレワーク」~《シニア英会話教養講座》

「お役立ち」2020/4月用 先日(3月27日付)の読売新聞の朝刊に掲載されていた記事からのお話です。この記事を読んだとき、まさに「我が意を得たり」の思いでした。

 

 日本人は、もともと外来語・ヨコ文字言葉をとても柔軟に取り込み、いつの間にか母国語のように使い慣れてしまうという特性がありますね。それは日本語が極めて情緒的で、論理よりも感覚的なものを重んじる言語であること、それと日本人が「新しもの好き」であることなどによるのだと思いますが、この傾向は近年異常なスピードで進んでいます。若い人ならともかく、シニアの方にはとてもついて行けないのが現状だと思います。今回のコロナウイルス騒ぎでも、この傾向には目に余る物を感じていましたが、河野防衛大臣のこの記事で少し溜飲が下がった気がしました。

 

 そうは言っても、ここは《シニアの方のための英会話教養講座》ですから、最近よく耳にするいくつかのヨコ文字言葉について、その本来の意味や使い方を説明してみたいと思います。

 

ロックダウン(lockdown)

 

「封鎖」という意味で、必ずしも「都市の封鎖」を意味するものではなく、建物や施設などによく使われます。「中にいる人の安全を確保するために、建物や地域を封鎖して、外部からの侵入を止める」こと。【比較的新しい単語で、辞書などには載っていない可能性もあります。】

 

The  area  was  in  lockdown.  (その地域は封鎖されていた。)

 

Tokyo  could(might)  go  into  lockdown.  (東京はもしかすると封鎖される可能性がある。)

 

 

クラスター(cluster)

 

「同種類の物や人の群れ・集団」という意味です。必ずしも「感染者集団」を意味するものではありません。「(花や果物の)房」という意味でも使われます。

※あの「クラスター爆弾(cluster-bomb)」(大きな爆弾容器の中に小さな爆弾を詰め込んで空中爆発させる大量破壊兵器)もこの言葉です。

 

I  saw  many  clusters  of  tourists  in  Kyoto. (京都では旅行者の集団をいくつも見かけた。)

 

A  cluster(=bunch)  of  grapes  is  250  yen. (一房のブドウは250円です。)

 

 

オーバーシュート(overshoot)

 

「通り越す・行き過ぎる」と言う意味の動詞で、過去形は"overshot"です。疫学的に「予想のラインを超える感染拡大や患者の急増」の意味に使われます。

 

We  overshot  the  turn-off(=exit)  for  Numazu. (僕たちは〈高速道路の〉沼津の出口を通り過ぎてしまった。)  

 

 

テレワーク(telework)

 

"tele"という言葉は、もともと「遠い」という意味を持った接頭語で、"television""telephone"にも使われていますね。「在宅勤務」は「職場から遠く離れた場所で仕事をすること」ですので、"tele""work"を合体させて作られた新しい言葉が"telework"です。【やはり、辞書などには載っていない可能性もあります。】もともとは"telecommuting"と言われることが多かったようです。

 


 

 

A: My  son  is  teleworking  now.

     (ウチの息子は在宅勤務中なのよ。)

 

B: Oh,  he  is  lucky.

     (あら、彼はラッキーだわね。)

「お役立ち」2020/4月用

 

A: No!  He  occupies  the  living-room  alone.

      So  I  can't  even  watch  TV.  He  says,  "Don't  make  a  noise!"

     (そうじゃないわよ!彼はリビングルームを一人で占領しているのよ。

 だから私はテレビさえも観れないわ。「音を立てるな!」ですって。)

 

B: Why  doesn't  he  use  his  own  room?

     (どうして彼は自分の部屋を使わないの?)

 

A:Because  it's  too  messy  and  dirty.

     (あまりに散らかっていて汚いからよ。)

 


 

 これは私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のとあるシニアの生徒様が嘆いていた実話です。一日も早く安らかな日々が戻ってきますように。


2020年04月01日 09:34 AM

「自粛する」《シニア日常英会話》

 私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアクラスでは、この一週間の出来事を短くてもよいのでなるべく喋って頂くようにしています。【入門クラスを除いてですが・・・】しかし昨今は、どこのクラスもこんな英語ばかりです。

 

I  didn't  go  out  last  week. (先週は外出しませんでした。)

 

I  did  nothing  special.  I  stayed  at  home. (特に何もしませんでした。家にいました。)

 

Coronavirus(-infection)  is  spreading. (コロナウイルス(感染)が広がっています。) 

 

My  sports-gym  was  closed. (私のスポーツジムが閉鎖になりました。)

 

The concert  was canceled/postponed. (コンサートが中止/延期になってしまいました。)

 

 国を挙げてのやむを得ない状況とはいえ、ストレスが溜まってしまいますね。開き直って今回は「自粛する・控える」という言い方を取り上げてみたいと思います。英語ではズバリ"refrain  from  ~ "という〔動詞〕を使います。

 

Please  refrain  from  smoking  here. (ここではお煙草はご遠慮下さい。)

 

You  should  refrain  from  talking  on  the  phone  in  the  train. (電車内では通話は控えるべきだ。)

 

We  have  to  refrain  from  going  to  crowded  places. (私達は人混みへ行くのは自粛しなくてはならない。)

 

 似た〔動詞〕に"stop"がありますが、これは「途中で中断する」ニュアンスが強いので意味が少し変わってきます。また、「自制・自粛」という〔名詞〕の"self-restraint/self-control"を使った例も紹介しておきましょう。

 

We  have  to  keep  self-restraint(control)  in  mind. (私達は自粛を心がけなくてはならない。)

 

※この"keep ~ in mind"という言い方は、「心がける・心する」という意味の便利な表現です。例えば"keep  power-saving  in  mind"なら「節電を心がける」になります。

 


 

 

A: I  almost  didn't  go  out  last  week.

     (先週はほとんど外出しなかったわ。)

 

B: I  know.  Everybody  refrains  from  going  to  crowded  places.

     (わかるわ。誰もが人混みに行くの「お役立ち」2020/3月用を自粛しているものね。)

 

A: It's  a  big  problem  for  me.  

      If  I  stay  home  all  day,  I  can't  stop  eating  between  meals.

     (それが私には大問題なのよ。もし一日中家にいると、間食をやめられないの。)

 

B: I  see.  You  need  self-control  in  another  meaning.

     (なるほどね。あなたは別の意味で自制が必要ね。)

 

A: Please  don't  say  that.  

     (お願いだからそれを言わないで。)

 


 

 

 とにかく今は、一日も早い事態の回復を祈るばかりです。

We  hope   this  crisis  will  be  over  as  soon  as  possible.

 


2020年03月13日 10:20 PM

難しい”go”と”come”の話~シニア英会話教養口座

 今回は、私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様に限らず、英語を習う日本人なら誰でも混乱してしまう《goとcomeの使い分け》について考えてみたいと思います。

 

 英会話を習ったことのある方なら、「あれ?どうしてこの《行く》は"go"じゃなくて"come"を使うんだろう?」と思った経験があるはずです。難しいのは、「日本語だと"go"のはずなんだけど、英語だと"come"を使う」場合です。

 

 ポイントは2つです。

 

会話の相手のいる場所に「行く」時は"go"ではなく"come"を使う

 

 例えば「あなたの家に行ってもいい?」は

 

Can/May I come to your house?です。

 

 また、「来週(あなたの住んでいる)東京に行きます。」なら

 

I'm coming/I will come to Tokyo next week.となります。

 

 

会話の相手が想定している場所に「行く」時にも"go"ではなく"come"を使う

 

 例えば「ごめん。私パーティーには行けないわ。」は

 

Sorry but I can't come to the party.です。

 

 また、ある場所に行こうとしている相手に向かって「私も一緒に行っていい?」と聞く場合には

 

Can/May I come with you? となります。

 

 

※但し上のいずれの場合でも、間違えて"come"ではなく"go"を使ってしまったとしても、相手のネイティブの人はわかってくれます。(ちょっと変な顔をしたり訂正されたりするかもしれませんが。)

 

 余談ですが、私の九州の友達は私に「来週末、東京に来るけど会えるか?」と言います。どうやら九州の方言では、相手の所へ「行く」時に「来る」をつかうようです。九州出身の方なら、上で説明した《goとcomeの使い分け》が理解しやすいのではないでしょうか?

 


 

A: I'm coming to Tokyo this Saturday. Can I see you?

     (今週の土曜日に東京へ行くんだけど、会えるかしら?)

「お役立ち」2020/2月用

 

B: Why not? What time will you arrive at Tokyo Station?

     (もちろんよ。何時に東京駅に着く予定なの?)

 

A: About 2:30 p.m.

     (午後2時半頃よ。)

 

B: OK. I will come to see you at the station.

     (わかった。駅に迎えに行くわ。)

 


 

◎"I'm coming to ~."は、「行く(来る)がもう決まっていて確実な場合」に使います。それに対して"I will come to ~."は、「~行く(来る)つもり、という意志を表す未来」の時に使います。

 

★記録的な暖冬の今年。晴れた日にはもう春の気配が感じられます。吉祥寺の井の頭公園でもちらほら梅の花が見られます。井の頭公園の入口にもほど近い「吉祥寺MCS英会話スクール」では、この春から《シニアのための英会話~入門・初心者クラス》をオープン予定です。ちょっとだけ勇気を出して、まずは【無料見学・体験】にお越しになってみて下さい。


2020年02月02日 04:49 PM


M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP