お役立ち英会話!吉祥寺駅から徒歩3分!シニアのためのMCS英会話スクール

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > お役立ち英会話

「~するところだった」《シニア日常英会話》

 前回に続いて"almost"を取り上げたいと思います。

  "almost"は、「ほぼ(ほとんど)~」という意味でしたね。私達が「ほぼ(ほとんど)全員」とか「ほぼ(ほとんど)毎日」と言う場合、それは「90%はそうであるけれど、100%ではない」という事を思い出して下さい。この事から、たとえば"almost forgot"と言えば「90%は忘れたけれど100%忘れたのではない」という解釈をすることができます。これが「もう少しで忘れるところだった」の表現になるのです。

 同様に、以下のような作文も可能です。

I almost broke the dish. (もう少しでお皿を割るところだった。)

I almost missed the train. (もう少しで電車に乗り遅れるところだった。)

I almost fell down the stairs. (もう少しで階段から落ちるところだった。)

I almost succeeded in the business. (もう少しでビジネスで成功するところだった。)

 

 特に③のようなケースにはくれぐれも気をつけて下さいね。シニアの方にとっては「転ぶ(fall down)事」は大敵ですから。下の会話もシニア向けです。

 


 

A: I'm sorry I can't join you for hiking this Saturday.

     (ごめんなさい。今週の土曜日のハイキングに参加できなくなっちゃったの。)

 

「お役立ち」2016/4用B: Oh, what happened?

     (あら、どうしたの?)

 

A: I almost forgot about an important promise.

     I have to go to the zoo with my grandchildren.

     (もう少しで大事な約束を忘れるところだったわ。

   孫と一緒に動物園に行かなくちゃ行けないのよ。)

 

B: Really.  You must go then. Don't mind.

     (本当。それじゃ行かなくちゃね。気にしないで。)

 


 "have to ~""must ~"も「~せねばならない」という有名な表現ですが、"must"の方が「ぜひとも~せねばならない」という強いニュアンスを持っています。

※なお"almost"と同じ意味の語で"nearly"があって、上の例文はすべて"nearly"で置き換えることができます。

 

 吉祥寺・MCS英会話スクールのシニアの生徒様の多くはお孫さんがいらっしゃいます。4月は進学や進級などもあって、「お孫さんがらみ」の予定が多い季節のようです。

 余談ですが、動物園と言えば吉祥寺・井の頭自然文化園の動物園はお勧めのスポットです。混んでいないし、こぢんまりしてアットホームだし、65才以上のシニアの方なら入園料は200円。さらに5月4日(緑の日)と5月17日(開園記念日)は入園無料ですよ。それこそ"You must go!"

 

 

 


2016年04月17日 12:07 PM

「ほとんど/ほぼ~」・・・・間違えやすいalmost《シニア日常英会話》

 今回は、日本人がよく間違える"almost"について取り上げてみようと思います。次の文の誤りがおわかりですか?

   "These days, almost senior-citizens have mobile-phones."

    (最近では、ほとんどのシニアが携帯電話を持っています。)

 実はこの言い方では「(実際にはシニアではないのに)ほぼシニアに等しい年齢層の人達が携帯電話を持っています。」というおかしな意味になってしまうのです。つまり"almost"が誤りなのです。

 正しくは①"almost all senior-citizens"(ほとんどすべてのシニア)、

 または②"most of senior-citizens "(シニアの大半)、

 もしくは③"most senior-citizens"(大抵のシニア)

と言います。

 "almost"は「ほとんどすべての」とか「ほとんど日」のように「形容詞や動詞を修飾する〔副詞〕」として使う場合は良いのですが、「次に来る名詞を修飾する〔形容詞〕」としては使いません。

 それこそ「ほとんど」の日本人が間違えてしまう有名なポイントなので、当「吉祥寺MCS英会話スクール」では、「ほとんど」ではなく「ほぼ~」と覚えるようにアドバイスしています。

【ちなみに、"senior-citizens"というのは「シニア層」を指して言う丁寧な言葉です。】


 

A: I had a bad cold last weekend."

「お役立ち」2016/3用     (先週末はひどい風邪だったんだよ。)

 

B: Oh, that's too bad.

     (それはお気の毒様。)

 

A: I stayed in bed almost all day on Saturday.

     (土曜日はほぼ一日中寝ていたよ。)

 

B: Oh, poor.  And are you all right today?

     (かわいそうに。それで今日は大丈夫なの?)

 

A: Yes. Almost perfect.

     (ウン。ほぼ完璧だよ。)

 


 この"almost"には他にもとても便利な使い方がありますので、それは次回にお話しさせて頂こうと思います。

 

 春がやってきました。まもなく吉祥寺の町もお花見客で賑わいそうです。私も今春は、吉祥寺の桜の名所・井の頭公園に行ってみようと思っています。

 春と言えばスタートの季節。MCS英会話スクールでは、火曜日・水曜日に《シニア専門のゆっくり英会話クラス》を開講の運びです。この機会にぜひ無料見学においでになってみて下さい。もちろん緊張するムードではありませんのでご安心を。 


2016年03月12日 05:39 PM

「エコ」・「エコな~」《シニア日常英会話》

 近年よく使うようになった言葉に「エコ」がありますね。これはそもそも「エコロジー(ecology)」のことで、意味は「生態学」です。「生態学」というのは、「人間を含めた生物と環境との相互関係を研究する学問」なのだそうですが、要するに「生き物や環境に良い」ことを「エコ」と言っているわけです。

 「地球に優しい」とか「人に優しい」のように「~に優しい」という表現をよくしますが、英語では"~-friendly"という言い方をします。ですから「地球に優しい」だと"earth-friendly"、または" environment-friendly"(環境に優しい)です。そして最近の英語として、"eco-friendly"というのも登場しました。さすがに"It's eco."だけでは省略し過ぎのようです。


 

A: How do you go to work?

     (どうやって通勤してるの?)

 

B: I go to my office in Kichijoji by bicycle.

     (吉祥寺にある会社まで自転「お役立ち」2016/2用車で行ってるんだ。)

 

A: Great!  It's eco-friendly.  How long does it take?

     (すごい!それはエコだね。どの位かかるんだい?)

 

B: It takes about 1 hour from my house in Fuchu."

     (府中の自宅から約1時間だよ。)

 

A: It's good exercise.

     (それはいい運動になるね。)

 


 「自転車」の"bike""ecology"を合体させて"bikology"という言葉もあるくらい、自転車に注目が集まっている昨今ですが、「駐輪場」"bicycle parking-area(space)"が新たな社会問題になっていますね。

 なお、この"~-friendly"という言い方は応用がききます。「使う人に優しい」であれば"user-friendly"、「中高年者やシニアに優しい」であればもちろん"senior-friendly"です。

 

 吉祥寺MCS英会話スクールは、「シニアに優しい」"senior-friendly"な英会話教室です。JR・井の頭線の吉祥寺駅からすぐですが、駐輪場もありますので自転車でもどうぞ。

 


2016年02月06日 09:12 PM

「猿」にちなんだ英語の表現

 新年あけましておめでとうございます。

 今年は申年ですね。今回は「猿」にちなんだ英語の表現をご紹介したいと思います。

 今から30年くらい前のことですが、テレビに出ていた芸達者なチンパンジーを見て、私が"Oh, this is a clever monkey."と言うと、一緒に見ていたオーストラリア人の友人が、"No. It's an ape, not a monkey."と言ったのです。その時に初めて知ったのですが、実は"monkey"はニホンザルやテナガザル等の「四つ足で歩くやや下等なサル」を指し、ゴリラ(gorilla)・チンパンジー(chimpanzee)・オランウータン(orangutan)等の「直立歩行のできる尻尾のないサル」は"ape"というのです。つまり、"ape"というのは類人猿のことなのですね。

 


「お役立ち」2016/1用

I got his monkey up.

     (私は彼を怒らせてしまった。)

 

Don't make a monkey of me.

     (ぼくをからかうなよ。)

 

Don't monkey about with Daddy's camera.

     (パパのカメラをいたずらしちゃだめよ。)

 


 ③は"monkey"を動詞として使っていますが、"monkey about"で「いたずらする」という意味になるそうです。"ape"の方を使った面白い言い回しとしては、こんなのがあります。

 

She goes ape over the rock-band. (彼女はそのロックバンドに夢中になっている。)

 

"go ape over ~"で、「~に夢中になる・入れ込む」という意味ですが、これは"be crazy about ~"の方が有名ですね。

 この他"monkey"には「いたずら小僧」という意味もあって、形容詞形の"monkeyish"は「いたずら好きの」になります。

 日本語の中には「猿」を使った熟語や言い回しがたくさんありますが、英語ではそれほど多くないようです。イギリスには猿が生息していなかったからでしょうか?

 最後に「猿も木から落ちる」の英語版をご紹介しておきますと・・・・・

 

Even Homer sometimes nods. (ホメロスのような偉大な詩人でも時にはうっかりミスをする。)

 

★新しい年がやってきました!「一年の計は元旦にあり」と申します。吉祥寺MCS英会話スクールでは、新春からシニアのための初心者・初級者クラスを開講予定です。「初めて英会話を習う」シニアの方、以前に挫折してしまった経験のあるシニアの方・・・・ぜひ一度、ご見学下さい。(MCS英会話スクールは50歳から80歳代の方専門ですのでご安心下さい。)

 

 

 


2016年01月06日 12:27 AM

「食べ放題」《シニア日常英会話》

 12月はクリスマスパーティーや忘年会(a year-end party)などのパーティーシーズンですね。当「吉祥寺MCS英会話スクール」の生徒様も、レッスンの前後に思い思いにパーティーを開いていらっしゃるようです。シニアの方のパーティーはランチが中心のようで、そうなると最近多いのが「食べ放題」形式のものです。

 ホテルの朝食などの形式を"buffet-style"と呼ぶのを耳にしますが、それは本来は「立食式のパーティー」を指す言葉です。規定料金で、好きな物を自分で取りに行って好きなだけ食べられるわけですから、"buffet-style"も「食べ放題」に該当するでしょう。【ただし、発音は「ビュッフェ」ではなく「バフェイ」もしくは「ブフェイ」で、しかも後ろにアクセントがあるので要注意です。】

 最近よく使われるのが"all-you-can-eat"という英語です。「食べ放題のレストラン」なら"all-you-can-eat restaurant"、「お寿司食べ放題」なら"all-you-can-eat SUSHI"と言う具合に、新造語だけに比較的自由に使うことができます。わかりやすいストレートな言い方ですね。「飲み放題」なら、もちろん"all-you-can-drink"です。


 

A: Shall we go to lunch? I found a good restaurant.

     (ランチ行かない?いいレストラン見つけたのよ。)

 

「お役立ち」2015/12用B: Is it reasonable?

     (そこは安い【手頃な値段】の?)

 

A: Yes. All-you-can-eat for 1400 yen.

     (ええ。1400円で食べ放題なのよ。)

 

B: Really? I want to try it!

     (本当?行って【試して】みたいわ)

 


 

 なお参考までに、「好きなだけ食べられる」というのを正式な英語で言うとこうなります。

 

A: You can eat as much as you want for 1400 yen.

     (あなたは1400円で好きなだけ多く食べることができます。)

 

 最後に。「バイキング」は全くの和製英語で外国人には通じないということを覚えておきたいものです。英語では"smorgasbord"(もともとはフィンランド語)と言って、"buffet-style"とほぼ同じ物を指します。

 

 今年も残り少なくなりました。「来年こそ英会話を!」と思っているシニアの方、ぜひ吉祥寺「MCS英会話スクール」の無料体験レッスンをお試し下さい。「善は急げ!」と言います。12月中に見学して1月から正式スタートなんていうのはいかがですか?

 MCS英会話スクールは、12月も第4週目までレッスンを行います。(12/28月~1/8金の通常レッスンは休講とさせて頂きます。)


2015年12月12日 07:04 PM


M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP