お役立ち英会話!吉祥寺駅から徒歩3分!シニアのためのMCS英会話スクール

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > お役立ち英会話

「酉(にわとり)」にちなんだ英語の表現

 明けましておめでとうございます。

 今年は酉年。毎年1月の恒例で、今回は「酉(にわとり)」にちなんだ英語の表現をご紹介します。

 まず基本的な確認です。"cock"というのは「雄鳥」を指し、「雌鳥」の方は"hen"、「ひよこ」は"chicken"といいます。つまり「ひよこ」は「鶏肉」と同じになるわけです。(なお、"chicken"は他の種類の鳥であっても「ひな鳥」一般を指して使われます。)

 

「お役立ち」2017/1用


Don't go off half-cocked!

     (早まった事をするな!)

 

They cocked up our plan.

     (彼等は私達の計画を台無しにした。)

 

He is a hen-pecked husband.

     (彼は恐妻家だ。/女房の尻に敷かれている。)


 ①の"go off half-cocked"は熟語で、「やり急いで失敗する」という意味です。②の"cock up"は動詞に使えば「ダメにする」、名詞で"a cock-up"とすれば「失敗・へま」という意味。

③の "hen-pecked"は有名な言い方で、「雌鳥につつかれた(pecked)」夫と解釈すれば納得ですね。

 なお、最近はやりの「女子会("girls' party")」を"hen-party"と言いかえることもできるそうです。

 

 ついでに、"bird"を使った例もひとつ紹介しましょう。

 

She eats like a bird.

     (彼女は小食だ。/食が細い。)

 

 この表現は、2014年1月のこのコーナーで紹介した"He eats like a horse."(彼は大食いだ。)と対比的で面白いですね。

 最後に、「一石二鳥」を英語で言うとどうなるかご存知ですか?なんと、そのまんま「ひとつの石で二匹の鳥を殺す」なのです。

 

He is trying to kill two birds with one stone.     (彼は一石二鳥を狙っている。)

 

※「ひとつの石を使って」のところに"with"が使われていることに着目しておいて下さいね。

 

 酉年は新しい時代の幕開けとなる縁起の良い年と言われます。まさに、何か新しいことを始めるには絶好の年回り!吉祥寺MCS英会話スクールでは、昨年12月にスタートしたばかりの《シニア入門コース》に加えて、新年からの新しい《シニア英会話クラス》も開講予定です。

 同年代のクラスメートと一緒に、ゆっくり・ていねいに英会話を初めてみたいシニアの皆様には、脳と心のシェイプアップと合わせて、まさに「一石二鳥」の新年になさって下さい。

★MCS英会話スクールは、JR中央線・京王井の頭線の吉祥寺駅から徒歩3分です。


2017年01月04日 04:39 PM

「アメリカを偉大な国にする~make America great」《シニア日常英会話》

 Donald Trump氏が次のアメリカ大統領に決まってから1ヶ月がたちましたね。11月8日に行われた大統領選挙の時は、日頃国際政治の話に疎い(失礼!)「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニア女性の生徒の皆さんも、レッスン中は「トランプ旋風」の話題に大いに沸きました。シニアの方でなくても、彼が演説で何度もくり返していた"We'll make America great again!"という英語が耳に残っている方は多いのではないでしょうか。せっかくですから、今回はこの英語を題材にしてみたいと思います。

 

 "make"には「○○を××にする」という使い方があります。ですから、" make America great (again)"であれば、「アメリカを(再び)偉大にする」という意味になります。

 

 たとえば、「その歌を聞くと、元気になる。」という文を英語に直訳すると、

"When I listen to the song, I feel cheerful." ですが、これを"make"を使って言うと、

"The song makes me cheerful." (その歌は私を元気にする。)のようにシンプルに言うことができます。

 

 同じように、「赤ちゃんの笑顔を見ていると、幸せな気持ちになる。」であれば、

"When I am watching a baby's smile, I feel happy." という直訳よりも、

"A baby's smile makes me happy." の方がスマートで英語らしい表現になるのです。

 


 

 

A:「お役立ち」2016/12用 Would you like some cake? It's very good!

     (ケーキいかが?すごくおいしくってよ。)

 

B: Oh, no thank you.  It'll make me fat."

     (あら結構よ。それを食べると太っちゃうわ。)

 

A: No problem.  It's Christmas soon!

     (問題ないわよ。もうすぐクリスマスなのよ。)

 

B: No. Sorry, I'm watching my calories now. 

     (いいえ。ごめんなさい、私カロリーを気にしてるのよ。)

 


 

 

 いよいよ年の瀬。今年も余すところ20日ほどになりました。吉祥寺MCS英会話スクールでは、12月27日(火)~1月5日(木)をお休みとさせて頂きます。ご了承下さい。

 来年は、シニアの皆様に英語・英会話がもっと身近になって頂けますよう願っております。そして皆様にとりましてより良い年になりますように。

                                         HAVE A MERRY CHRISTMAS AND A HAPPY NEW YEAR!


2016年12月10日 09:21 PM

「(時間を)使う・過ごす」《シニア日常会話》

 先月に続いて"spend"を取り上げます。"spend"には、「お金を使う」だけでなく「時間を使う・かける」意味もあります。「過ごす」を和英辞書で調べるとこの"spend"が書かれていますが、ちょっと注意が必要です。

 吉祥寺MCS英会話スクールのシニアの生徒様がよくやってしまう間違いが、"I spent at home yesterday." (昨日は家で過ごしました。)というような英語で、正しくは"I spent my time at home yesterday."のように言うべきなのです。つまり、"spend ~"で「~を過ごす」になるわけです。

 

I will spend my vacation in Hawaii. (私は休暇をハワイで過ごすつもりです。)

He spent many hours on his homework. (彼は宿題に何時間も使った/かけた。)

I usually spend my free-time (in) reading books. (私はたいてい自由時間は読書をして過ごします。) 

 

 ②で"on"を使っているのは、前回の「○○にお金を使う」の用法と同じですね。③の"in"は省略される方が多いようです。「○○を××しながら過ごす」という言い方はよくしますので、覚えておくといいでしょう。


 

「お役立ち」2016/11用A: How did you spend your day-off?

     (仕事休みの日はどうやって過ごしたの?)

 

B: I spent it watching video-movies.  How about you?

     (映画のビデオを観て過ごしたよ。君ははどう?)

 

A: I did nothing special.  I spent my time slackly.

     It's good for energy-charge.

     (僕は特に何もしなかったよ。ダラダラと過ごしてたよ。

  それがエネルギーをチャージするのにいいんだ。)

 


 

 "day-off"は「仕事が休みの日」という意味です。"holiday"は「祝日・祭日」とか「休暇」を指しますから、土曜・日曜を指すのにはふさわしくありません。「エネルギー」は完全な和製発音で、「エナジー」と発音して下さいね。なお、"spend"には「エネルギーを使う」という意味もありますので、ご参考までに・・・・・

I spent all my energy for today.  (私は今日一日分のエネルギーを使い果たした。)

 

 秋もたけなわ。吉祥寺では、先日子供達によるハロウィーン・ウォークも開催されましたが、11月3日にはもうクリスマス・イルミネーションの点灯式が行われました。シニアの皆さんにとっては気ぜわしくなる季節ですが、音楽会や発表会など気持ちが外に向かう季節でもあります。「いつかは英会話を」とお考えのシニアの方、この機会にぜひ「吉祥寺MCS英会話スクール」の新クラス無料体験レッスンをのぞいてみて下さい。まずは勇気を出してお電話かメールでお問い合わせ下さい。


2016年11月05日 02:44 PM

「(お金を)使う」《シニア日常英会話》

 吉祥寺「MCS英会話スクール」のシニアの生徒様がよ~く間違うポイントのひとつが、「お金を使う」です。"use"は使いません。"use"は「物や道具などを使う」場合で、「お金を使う」は"spend"を使って下さい。

 例えば、

She spends much money on clothes. (彼女は服に沢山のお金を使う/お金をかける。)

I spent about 100000 yen on the trip. (私はその旅行代に10万円位使った/かけた。)

How much money did you spend on the books? (あなたは本代にいくら使いましたか?)

 

 このように、「~に(お金を使う)」という時には"on"を使います。これも"for"だと思いがちですね。(もっとも"for"でも絶対通じますけど・・・)ただ、"I used about 100000 yen."は改めたいものです。

 

 なお「無駄遣いする」という別の動詞も紹介させて下さい。

 

Don't waste money on such a thing. (そんなことにお金を無駄遣いするな。)

 

 やはり"on"と一緒に使うことができます。この"waste"は「無駄遣いする・浪費する」という意味の動詞ですが、名詞としても使います。ですから、"Oh, it's a waste!"と言えば「まあ、もったいない!」という意味になります。

 


 

 

A: October is a very expensive month for me.

   「お役立ち」2016/10用  (10月は私にとってすごくお金のかかる月なのよ。)

 

B: Oh,why?

     (あら、どうして?)

 

A: I have 3 grandchildren and all of their birthdays are in October.

     (私には3人孫がいるんだけど、全員の誕生日が10月なの。)

 

B: How much money do you spend per each?

     (一人あたまいくらぐらい使うの?)

 

A: Maybe about 5000 yen.

     (もしかしたら大体5000円位かしらね。) 

 


 

"expensive"は「高価な」という有名な形容詞ですが、「お金のかかる・高くつく」という意味もありますので覚えておいて下さいね。

 

 天候不順に泣かされた9月も終わり、秋らしいシーズンがやってきました。シニアの皆さんの中には夏バテならぬ秋バテの方もいらっしゃるようですが、そろそろ活動開始してみませんか?吉祥寺「MCS英会話スクール」ではシニアのための初心者クラスを開講準備中です。時間とレベルがマッチすれば、お一人からでも新しいクラスで習うことができます。今がチャンス!まずはお問い合わせの上で無料体験・見学に起こしになってみて下さい。

 


2016年10月09日 12:09 PM

「借りる」「貸す」《シニア日常英会話》

 吉祥寺MCS英会話スクールでは、レッスンの始めに簡単なフリートークの時間を作っています。その中で生徒様がよく間違える「借りる」と「貸す」について今日はお話しします。

 「借りる」は"borrow"、「貸す」は"lend"ですが、これはシニアの方でなくても時折勘違いしてしまう事なのです。その理由の一つに、"rent"という発音のよく似た動詞があって、これが話をややこしくしているという事情があります。この"rent"は、私達の身近でしょっちゅう耳にする有名な単語なだけにやっかいです。これを機会にしっかり覚えましょう。

 

まず"borrow"。意味は「(物)を借りる」「(人)から(物)を借りる」で、「お金を借りる」時も使います。ただし、使用料や利息は要りません

 

I borrowed a book from my friend./from the library. (私は友達から/図書館から本を借りた。)

May I borrow your pen?  (あなたのペンをお借りしてもよろしいですか?)

☆注意! 「(人)(物)を借りる」は日本語の乱れですから、"from"を使います。

 

次に"lend"。意味は「「(人)に(物)を貸す」で、「お金を貸す」時も使えます。ただし、使用料や利息は取りません

 

I often lend him my bicycle.  (私はよく彼に自転車を貸す。)

Please lend me (some) money.  (どうか私にお金を貸して下さい。)

☆注意!  "lend"の過去形は、またまたやっかいなことに"lent"なのです。日本人が普通に「レント」と言うと"lent"に聞こえます。Wの口をして「ウ~レント」と発音すれば"rent"に聞こえます。

 

そして"rent"。意味は「(物)を有料で貸借する」で、「借りる」と「貸す」の両方の意味があります。借家・アパート・車・衣装などをレンタルする場合がこれになります

 

I rent the room from him.  (私は彼から部屋を〔家賃を払って〕借りている。)

I rent the room to him .  (私は彼に部屋を〔家賃を取って〕貸している。)

 ☆注意! "rent"には、名詞で「家賃・使用料」の意味もあります。過去形は"rented"です。

 


 

A: Thank you for inviting「お役立ち」2016/9用 me today.  I had a great time!

     (今日はお招きありがとう。とっても楽しかったわ!)

 

B: You are welcome.  Please come again.

     (どういたしまして。どうぞ、またいらして。)

 

A: May I borrow your bathroom before I say good-bye?

     (おいとまする前にトイレをお借りしてもいい?)

 

B: Sure.  But please don't take it away.

     (どうぞ。でもどうか持って行かないでね。)

 


 

 意味がわかりましたか?実は"borrow"は、ペンや本などのように移動可能な物に使うのです。トイレはペンのように持って行くことができませんので、"use"を使って下さい。

 

 中央線/井の頭線・吉祥寺駅から徒歩3分の「吉祥寺MCS英会話スクール」では、この秋から「シニアのための初心者ゆっくりコース」をオープン予定です。"I have a pen."からやり直したいシニアの方、過去形とかは一応覚えているのでちょっと実践的な会話から習いたいシニアの方、ぜひ一度ご見学にお越し下さい。気さくに応対致します。(吉祥寺アトレの中を通ってくれば、雨の日でもほとんど濡れません。)


2016年09月19日 01:11 AM


M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP